2011年10月21日

登山録その1 御嶽山

先月ですね、9月中旬のお話耳
この日は見事に晴れ渡り雲海がまともに観えた!!
花と山上湖が魅力的な霊山かわいい
高所でありながら無数の銅像?仏像?が、安置されている様子は息をのむ程に神秘的である。
古くからの信仰の山。

御嶽山  標高3,067m


御ブ.JPG

御ブ (1).JPG

御ブ (2).JPG

御ブ (3).JPG

御ブ (4).JPG

御ブ (5).JPG

御ブ (6).JPG

御ブ (7).JPG

御ブ (8).JPG

御ブ (9).JPG

御ブ (10).JPG

御ブ (11).JPG


修験者たちはかつてこの山を敬意を込めて 「王の御嶽(みたけ)」 と呼び、
やがて 「王嶽(おうだけ)」 となり、のちに 「御嶽(おんたけ)」 に転じたというひらめき
江戸時代の後期、御嶽講が広まり、御嶽山への信仰登山が盛んになった。
今もなお大勢の白装束の信者たちがこぞって登拝する特別な山なのである位置情報


最近新たにスタートした大人の部活動、登山。
友人の勧めで軽い気持ちで始めたが、ところがどっこい。
がっつりハマりました。
慟哭をもろに感ずる身体の変化、頂での雑味のない達成感、事後に浸かる温泉での安堵感。
最高ですね揺れるハート
今後ちょくちょく “登山録” として短文でアップしていくことにします。
目指せおぐりしゅん君!!!?・・・・・・・・・って違うか(爆)




◆御嶽山:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%B6%BD%E5%B1%B1_(%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C)




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 






posted by ビーチ at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) |    甲信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

若狭・三方五湖にて新艇始動

今年の夏休みは若狭湾は三方五湖にて釣り三昧でした晴れ
もともと三方五湖のとあるマリーナで船の管理をお願いしていたのですが、
・・・・・なんと、今年は船を新調したのです船
そのお披露目&進水式は先月行いましたが、いよいよ本格始動ってことで。
数日かけて船の塩梅を窺いつつのホリデーとなりましたリゾート

若狭で釣り.JPG

若狭で釣り (1).JPG

若狭で釣り (2).JPG

若狭で釣り (3).JPG

若狭で釣り (4).JPG

まだビニールを被ったシート等真新しいところもありつつ、
操縦桿を握り、具合を確かめる。
う〜〜〜〜ん、イイ感じわーい(嬉しい顔)

全長で2フィートだけ短くなったのですが、視界は良好でハンドリングが抜群に良いです。
エンジンはすこぶる調子良し。
甲板部も広く取られフィッシングボートとしては満点ですねひらめき
キャビンの中も清潔感があり、休憩でごろ寝がゆったりとできる。
これはイイです。

気分もウナギ登り、早速の釣りポイント探しへGO!

若狭で釣り (5).JPG

若狭で釣り (6).JPG

当日は潮の流れのタイミングもあり、魚のヒットを意味する「あたり」も、あったりなかったりむかっ(怒り)
長い間竿先とにらめっこになることも。
それでも丁度の時間帯に巡り合えばまさに入れ食い状態。
ほんの小一時間で大量収穫でした!!

若狭で釣り (7).JPG
真鯛:30cm×1 キジハタ:25cm×1

若狭で釣り (8).JPG 若狭で釣り (9).JPG
鯵:40cm×2 真鯛:様々×4 連子鯛:様々×4

これだけの釣果であれば、まあ満足ですねグッド(上向き矢印)
このほかにもキュウセンやキスやカワハギもたくさん釣れました。
料理はどうするか、どうやって食べるのか、そればっかり考えていましたね(笑)

結局家に帰ってから、お刺身・煮付け・塩焼き・漁師汁などはもちろんのこと、
今回は、2〜3年物の小鯛の数が揃ったので、それらを一夜干しにすることにしました。
先ほど出来上がり、まだ賞味していないので、お味が楽しみです揺れるハート

若狭で釣り (10).JPG

若狭で釣り (11).JPG

三方五湖 (みかたごこ)

福井県三方郡美浜町と同県三方上中郡若狭町に跨って位置する5つの湖の総称。
若狭湾東岸の三方断層下の沈降部にできた水が溜まってできたといわれ、
それぞれの湖が人工随道や堀でつながっています台風

国指定の名勝で、若狭湾国定公園です。
2005年ラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)
に登録されました。
まさに名古屋からほど近い“潮の秘境”といった感じです。
ほんとうに美しいところですプレゼント



◆三方五湖:http://www.wakasa-mikatagoko.jp/




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 

posted by ビーチ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) |    甲信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

無人島・水島

海水浴へ行ってきました〜晴れ
日本のビーチで海水浴するなんて久しぶりだなあ、な〜んて。
でもここ本当にキレイでしょう?
名古屋から車で2時間でこんな所に行けちゃうんですリゾート

無人島・水島

水島.JPG

水島は、福井県敦賀市、敦賀半島の先端に浮かぶ小さな無人島です。
海岸線の長さは約400m、幅は約10m。
島の周りは遠浅になっていて、透明度の高い水質と白砂が魅力的なビーチなんですぴかぴか(新しい)
7月上旬〜8月31日の海水浴の期間のみ、対岸の色ヶ浜・浦底から渡し船が出ています。

水島 (1).JPG

人も多すぎず、気持ちのいい時間が過ごせましたよ。
色んな事をしました。
ビール飲んでごろごろ。
砂浜を散歩。
きれいな貝殻を拾ったり。
ジェットでひとっ走り。
木陰で一服プカプカ吹かしたりグッド(上向き矢印)

水島 (2).JPG

水島にはトイレしかありません。
近くにコンビニエンスストアなどもありませんので、必要なものは事前に自分で準備ビール
クーラーボックスにいっぱい飲みモノを詰めて遊びに行きましょう!

もちろんゴミ箱も無いので、ゴミは各自でお持ち帰り下さいひらめき

水島 (3).JPG

ほんとはあまり、知られたくない。
紺碧の敦賀湾に浮かぶ海の楽園。
本当にいいところです。
まだまだ暑い夏は続きますむかっ(怒り)
今シーズンのひと夏の思い出作りにどうですか?

僕らはその夜は対岸の色ヶ浜にあるアメリカンな雰囲気のモーテル風の宿に泊まりました家
ここも良かったな!

IMG_6652.JPG


◆無人島・水島:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%B3%B6_(%E7%A6%8F%E4%BA%95%E7%9C%8C)




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 



posted by ビーチ at 22:01| Comment(4) | TrackBack(0) |    甲信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

大牧温泉・大牧温泉観光旅館

富山での一泊です。
船でしか行けない秘境の温泉です船
山峡にひっそりと静かに佇む山の中の一軒宿になります。
今回ばかりは完全に都会の喧騒を忘れさせてくれましたいい気分(温泉)

大牧温泉・大牧温泉観光旅館

IMG_0752.JPG

大牧温泉は平家の落人が、戦いに敗れた傷を癒しに入った大牧の山で発見したと言われています。
昭和5年の小牧ダム建設でこの宿だけが取り残され、船を唯一の交通手段にして再興したそうひらめき

このロケーションからしてもう既に別格の温泉宿と言えるでしょう!!
見て下さい、この庄川に張り出すように立つ建屋を。
素晴らしいでしょうわーい(嬉しい顔)

IMG_0758.JPG

庄川遊覧船に小牧ダムから乗り込み上流へ向かって30分。
ようやく現れる宿家
船着き場に到着すると往来の人で混雑が始まる。
そうだよな〜これしか交通手段がなく1日4便しか無いんだからそりゃ混むよね。

IMG_0759.JPG

IMG_0763.JPG

この日はあいにくの雨模様でしたので、周りは霧に包まれていました雨
が、逆にその霧が、秘境中の秘境と言われる所以を、よりリアルなものとして証明してくれました。
まさに神秘的。
川の色なんてエメラルドグリーンでしたからね。
完全に俗世間から離脱しています眠い(睡眠)

それでもってこの「熊に注意」の立て看板!
テンション揚がりまくりです〜〜〜〜〜〜〜(笑)

IMG_0768.JPG

宿に入ると、まず囲炉裏のあるロビーが迎えてくれる。
温かみある木造の床や壁は心安らぐ雰囲気喫茶店

仲居さんやご主人もみなアットホームな対応。
落ち着きます揺れるハート

IMG_0770.JPG

IMG_0772.JPG

IMG_0773.JPG

客室も清掃の行き届いた清々しい和の空間。
窓に広がるのはあるがままの山水風景だけクリスマス
周囲には野鳥の声と雨のシトシト音のみのBGM。

なんと!!!
この段になり気づきましたが、携帯電話も通じませんでした携帯電話
ボクはドコモですが、電波なし(笑)

こおんりゃマジで凄い所に来ましたよ〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

IMG_0774.JPG

IMG_0777.JPG


*****************************************


この大牧温泉の要チェックポイントは2つ手(チョキ)
1つはもちろんこの日本最後の秘境とも言われるロケーション。
で、もう1つはやはり温泉の質の良さでしょう。

源泉は湖底から取り込んでいるらしく、時間をかけてわざわざ訪れた客を満足させるのには、
十分な程に良質ぴかぴか(新しい)
ボクらも早速到着するや否や、内湯&露天風呂に直行でした。

IMG_0779.JPG

泉質は含石膏弱食塩泉。
無色透明でしたが、微弱な硫黄臭と鉱物臭がしました。
味は若干の苦みありで、飲用ではないようサーチ(調べる)

もちろん加水も加温も循環も消毒もなしの100%源泉かけ流し。

IMG_0782.JPG

IMG_0787.JPG

感覚としては入り易いいい湯という表現かな。
肌触りも良く、刺激も少ないー(長音記号1)
それでも温泉らしさは抜群に感じられる。
気持ちいいですムード

続けて露天風呂にも行きました。

IMG_0788.JPG

庄川峡を望み、周囲は原生林に囲まれる。
カモシカやタヌキやキツネが出てくることも珍しくないですよ、と宿の人がく〜(落胆した顔)
自然の中に何の違和感もなく調和した形で存在するお風呂。
最高です。

IMG_0790.JPG

IMG_0793.JPG

IMG_0797.JPG

芽吹きの時期は動物たちが姿を見せる。
夏には湖面が日光により青緑色に輝く。
秋は紅葉が絶景。
冬は雪化粧をし、まるで墨絵の世界。


四季折々の表情を見ながらいい湯に浸かる。
最高のヒーリングですプレゼント
結局、滞在中に内湯・露天合わせて7回も入っちゃいましたよ!!


*****************************************


食事は和洋折衷といった感じレストラン

〜夕食〜
IMG_0809.JPG

〜朝食〜
IMG_0826.JPG


*****************************************


最近は秘湯ブームも手伝い、人気の宿となっているようです。
でも部屋数も30と多くはないですが少なくもない。
予約は超困難ではないので、ふとした連休にお薦めの温泉宿です電話

名古屋からは車で3時間ほど。
それから30分の船の旅の始まり(笑)
なんか最近休んでないな、久しぶりに癒されたいな、って感じの人どうでしょう?
とっても心安らげるところですよかわいい

IMG_0842.JPG



◆大牧温泉観光旅館:http://www.oomaki.jp/





↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 





posted by ビーチ at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) |    甲信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

キトキト!富山旅行

10月中旬の連休は富山旅行に行ってきました〜車(セダン)
東海北陸自動車道が開通して以来、名古屋から2時間半ほど(飛ばし過ぎ?)で着く富山。
キトキト(富山の言葉で活きがいい)な海の幸から、世界遺産まで、
より身近になり魅力を感じやすくなっていまするんるん

で、ボクら一行は、富山と言えばまずは “富山のくすり” でしょう!!・・・・・ってことで。
昔は大きな柳行李を背負って、我が家にも年二回程薬売りのおじさんが来たもんです。
そんな越中富山のくすりの今昔を見に、由緒正しき製薬会社である廣貫堂へとお邪魔ひらめき
そんなところから今回の旅が始まりました。


IMG_0602.JPG
美人イラストで有名な富山のくすり。
昔の女優さんがモデルなんだとかハートたち(複数ハート)
何包か女難防止のお守りにと、自分用のお土産として購入(苦笑)

IMG_0607.JPG
第二代富山藩主・前田正甫が藩の主要産業として「先用後利」という、
薬の配置販売方式を生み出し、富山の薬売りは日本中を行商するようになったのです。

これぞ偉大な発明だと思いますぴかぴか(新しい)
今でも、置き薬の全国シェアの半分以上は富山が占めておるようですからね、あっぱれ!!

IMG_0606.JPG
銭湯でお馴染の黄色のコイツも富山発。
レトロで癒し〜いい気分(温泉)

IMG_0611.JPG
誰もが知ってる熊の胆(左上)は、二日酔いにいいんだよな〜ちっ(怒った顔)
しっかし面白いパッケージングですよね・・・・・・「風」って(笑)

IMG_0609.JPG
キリン散も目につきますが、この右下のおかめさん風イラスト、怖すぎます!!
これが歯痛に効くっつーもんだから、只もんじゃ〜ないっすね(爆)

IMG_0598.JPG
一通り歴史から製薬のイロハまで勉強できる資料館。
なかなかのもんでした手(パー)


◆富山のくすり:http://www.toyama-kusuri.jp/index.html
◆廣貫堂:http://www.koukandou.co.jp/


それから・・・ちょいと場所を移し、胃腸薬・越中反魂丹で知られる「池田屋安兵衛商店」へ。

IMG_0632.JPG
コチラでは丸薬を作る手動式製丸機を使ったデモを、丸薬師さんがやって見せてくれるんですパスワード

IMG_0637.JPG

IMG_0639.JPG
こんな感じです。
流石の手さばきで、目が釘付けになりました目
僕らはやりませんでしたが、体験もできるそうですよ!!


◆池田屋安兵衛商店:http://www.hangontan.co.jp/


*****************************************


そして富山市内をぷらぷら車(RV)

駅南には昔ながらの路面電車が走る。
趣たっぷりですよね。
何と大正時代に開業したんだとか!!
IMG_0647.JPG

富山駅前の広場には柳行李を背負い国を出る父を、
土産の紙風船を手に見送る子供の銅像が立ってます。

くぅ〜マジで泣かせますもうやだ〜(悲しい顔)
IMG_0862.JPG

富山藩は10万石の城下町として栄えた歴史もあります。
シンプルで水濠に映る姿が美しいムード
IMG_0892.JPG

富山湾の海産物加工品から銘菓、銘酒まで何でもそろう「いきいきKAN」
IMG_0895.JPG

そこでもちろんこちらを購入。
ますのすし本舗・源のますのすし。
コレ我が家のド定番っすレストラン
美味しいですよ〜!!!
IMG_0904.JPG


◆いきいきKAN:http://www.ikiikikan.or.jp/
◆ますのすし本舗・源:http://www.minamoto.co.jp/


*****************************************


コチラは二日目に行ったんですが、素敵でしたよ。
まるで昔話の世界に迷い込んだかのような合掌造り集落の五箇山。
日本の原風景へタイムスリップです。
1995年12月世界遺産に登録されていますプレゼント

IMG_0909.JPG
今回向かったのは相倉集落
菅沼集落という所もあるが、コチラのが規模は大きいパンチ

IMG_0915.JPG
郷愁満点です。
のどかで空気がいいわ〜わーい(嬉しい顔)

IMG_0931.JPG
コスモスとのコラボ写真ですカメラ
自慢の一枚です(笑)

IMG_0939.JPG IMG_0940.JPG IMG_0947.JPG
民俗館に行き合掌造り家屋を知る。
日本でも有数の豪雪地帯であるここら一体ですが、
様々な知恵と工夫で厳冬をしのいできた様子が窺い知れました雪

IMG_0950.JPG
日本の財産。
これは守っていかなきゃな、って思うほどに素晴らしい処でした。


◆五箇山:http://www.gokayama.jp/index.html



グルメ・温泉記事はのちほど・・・・・・・・ペン




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 





posted by ビーチ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) |    甲信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

金沢21世紀美術館 〜金沢の旅〜

ぶらり金沢へ小旅行してきました〜車(セダン)
ここんところの気持ちのいい晴天がこの日も続き、観光日和でした。
金沢では兼六園やひがし茶屋街、長町武家屋敷跡、近江町市場などなど、、、、、、、
多くの名所がありますが、今回は志向を変えて。
「新緑の金沢と食べ歩きの旅」と銘打って、凸凹御一行での珍道中、敢行してきました〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

・・・・・って、結局いつも通りの食い倒れツアーには変わりないんですが(苦笑)
でも、食べる前にはちゃんとこんなところも行ってきましたよ↓↓↓↓

IMG_1079.JPG

金沢21世紀美術館は、その丸い造りから「まるびぃ」と呼ばれ、
そのものがひとつの大きなアートとして捉えられていますアート
設計は世界で活躍する建築家ユニット SANAA(妹島和世・西沢立衛) が手がけました。
ヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展の最高賞である金獅子賞受賞を初め、
数々の称号を得ている名建築物なんだとかいす

IMG_1077.JPG

世界最先端のコンテンポラリーアートを中心に企画展示を行い、
2004年のオープン以来、観光客はもちろん地元の人からも大人気なのだムード

無料スペースも間取り広く設けられており、
光の現代美術家・ジェームズ・タレルの作品を恒久設置した部屋があったり、
現代美術をいつでも安価に体験できる環境があるっていうのも大きな魅力ひらめき
あ〜こ〜〜〜〜んなところが職場の近くにあったのならば、
すぐにサボって隠れに来ちゃいますよね(笑)

IMG_1074.JPG

ボクらが行った時は、「ヤン・ファーブル×船越 桂」の特別展示会がやっておりました眼鏡
只今、ノリに乗っております、両氏の作品、まさかこんな偶然のタイミングで見られるとは!!!!

以下、作品群の写真云々。。。


IMG_1048.JPG
【アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3】

IMG_1061.JPG
【レアンドロのプール】

IMG_1064.JPG
【緑の橋】

IMG_1070.JPG
【タレルの部屋】

IMG_1057.JPG
【水に書く男】 ヤン・ファーブルによる今回の特別展示に含まれる作品です。


シベリア超特急でお馴染みの水野晴郎氏ばりの、
「いやぁ、芸術って本当(ほんっとう)にいいもんですね〜」
を、地でいってしまう程のオモシロさは健在の21世紀美術館演劇

いつもながらに癒されるひと時でした。

絵画、彫刻、工芸、写真、映像、インスタレーション、マルチメディアなどなど、
近代〜現代を中心とした新たな価値感を表現する様々な作品を、
国内外問わず広いところから収集&展示しているコチラですが、
「金沢在住または、金沢ゆかりの作家による質の高い新たな創造性に富む作品」
も収集の方針のひとつとなっているってのも大きな魅力グッド(上向き矢印)
アンチ東京・LOVEローカルの大きな旗手となっています。

IMG_1084.JPG

・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さ〜てさて、皆さん、この後は待望のメタボツアーの始まり始まりですよ〜!!!
ってダメだこりゃちっ(怒った顔)



◆金沢21世紀美術館:http://www.kanazawa21.jp/




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) |    甲信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

冬の越前・かに&水仙

先日“越前”へぶらり旅して参りました〜車(セダン)
もちろんお目当ては、今が旬の、、、、、、
越前がに&越前水仙ですぴかぴか(新しい)

ただでさえ寒いココ最近ですが、こちらは名古屋よりもさらに寒く、
日陰には何日か前に降ったと思われる雪が積もったままになっている雪
冬の日本海は、「鉛色の雲、荒々しい波、そして風に混じって飛ぶぼた雪」台風
って感じのイメージですが、雪こそ降っていませんでしたが、ほぼこんなコンディション!
なかなかのもんでした。。。

IMG_8576.JPG

越前海岸です。
空は薄暗いドン曇り曇り
コレでも確かお昼の1時くらいでしたがく〜(落胆した顔)

IMG_8571.JPG

それでもやはりきれいな海には目を見張るものがありました〜サーチ(調べる)
最近ではここらでスキューバダイビングも盛んになってきてるみたいですね!!
・・・・・って、もちろん夏場の話ですけどねわーい(嬉しい顔)

そんな厳しい冬の越前海岸の気候に圧倒されつつ、
美しい日本海の青にも感動しつつ、、、、
目指すところは一直線次項有
ホントに食いしん坊なんだからっ!!!!

じゃ〜〜〜〜〜ん!!!!!!!!!!!!!!

IMG_8597.JPG

立派ですね〜!!
正真正銘の越前がにです揺れるハート
黄色のマーキングは本物である証。
これが美味と新鮮さを保証してくれるんです!!!!
食事の模様はグルメネタとして次にアップしますカメラ

食事を終えた一行は次の目的地へ車(RV)
さらにぴゅーぴゅーと強風がふきさらす中、
日本海に面した急斜面に寒風に耐えて咲く越前水仙の姿を観に・・・・

IMG_8628.JPG IMG_8622.JPG IMG_8631.JPG

〜越前水仙〜
対馬海流が影響しての温暖な気候と日本海の寒い潮風を受けて、
他の日本水仙に比べ、花がひきしまり、香りが強く、
日持ちと草姿が良いのが特徴なんだそう。


12月〜2月頃の開花シーズンには、越前海岸のあちこちで甘い香りがするとか、、、
なるほど車の窓を開けただけで、スーッと香りが鼻へ抜けるグッド(上向き矢印)
寒すぎてあまり外に出て散歩がてら・・・って感じにはいきませんでしたが、
それでも、山の斜面がまるで白いじゅうたんのように見え、とっても感動しましたもうやだ〜(悲しい顔)

越前海岸は、日本で数少ない野生の水仙の群生地。
栽培面積は約70ha〜100haと言われ、日本一を誇るんだそうパンチ
また、来年もぜひ観に来たいですね〜!
もちろんカニも食べにね〜(笑)


◆越前がに&越前水仙:http://www.fuku-e.com/special/0811/index.html



↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 





posted by ビーチ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) |    甲信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

晩秋の軽井沢ぶらり旅

もう紅葉も終わりに近づきつつある今日この頃ですが、
我らは一足早く冬の匂いのし始めているところ、、、、、、
高原へ車(RV)

そうなんです、先日の連休に、晩秋の軽井沢を満喫してまいりましたかわいい

片道、休憩を挟みつつの5時間あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
中央自動車道〜長野自動車道〜上信越自動車道というルート。
行きは宿泊のホテルへ直行ホテル

si 027.jpg

si 010.jpg

日頃の蓄積したモノを癒すべく、ごろ寝+昼酒+温泉+ウマ飯、、、、、
という最強ラインナップ目論み、早めのイン。
到着してみると、なかなか雰囲気も良い静かなホテルで心もウキウキるんるん
そこに輪をかけるように、季節ものが!!

si 009.jpg

ワクワクのドキドキの完全クリスマスモードじゃ〜ないですかクリスマス
なんだか早くもホリデー気分満喫でラッキー!!
とりあえずお部屋に入り前述の最強ラインナップで自分を喜ばせてあげましたわーい(嬉しい顔)

si 011.jpg

夜のお食事はフレンチでバー
こちらもクリスマスムード
プチイルミネーションはまだ時期的にチョイ早めでしたが、なかなかのもんでした。

si 023.jpg

結局、軽井沢らしいことは何もしていない一日でしたが、
美味しいお料理やワイン、露天風呂、澄んだ空気、名古屋にはない満天の星空、、、、
なんだかとっても癒されて、大満足でしたぴかぴか(新しい)
注)上の写真ほどワインがぶ飲みしてませんからねがく〜(落胆した顔)


***************************************


翌日意外にも早く(年???)むっくり起き上がり、朝の散歩くつ
気持ちいいんだな〜これが。
その後早めのチェックアウト。

そして、今日こそは日本の代表的保養地・軽井沢を満喫するぞってことで中心部を歩くことに手(チョキ)

si 030.jpg
【軽井沢観光会館】
1888年(明治21年)にカナダ人宣教師のアレクサンダー・クロフト・ショーが別荘を開設して以来、
多くの著名人が軽井沢に別荘を設けたことから、別荘族御用達の商店街として発展したんだそう家
いやはや軽井沢って何度行ってもホント風光明美なとこですねハートたち(複数ハート)

si 032.jpg
【浅野屋】
まだパンの需要がそれほど多くなかった昭和8年(1933年)に、
現在の東京都千代田区麹町で洋酒、食料品、パンを販売する「浅野商店」として誕生時計
各国大使館・外交官の方々というVIPにご愛顧を受けることとなる。
彼らの中には軽井沢へ避暑に訪れる方も多くいるということで要望を受け、
昭和15年に軽井沢にも夏季出張店を開設カチンコ
以来、避暑地に集まっていた外国のお客や華族の方々に大変重宝されるようになったとかひらめき
最近では、東京ミッドタウン店もオープンしていますね!!
写真は撮っていませんが、とっても美味しいパンを頂きましたファーストフード

si 033.jpg
【旧軽井沢メインストリート】
軽井沢観光の本丸的な中心部リボン
かつてバブル時期には旧軽井沢銀座、旧軽銀座とも呼ばれていた事もあったそう(笑)
ジャムや燻製&生ハム、お漬け物などオモシロい店が数多く軒を連ねています。
楽しいですね〜やっぱりここはわーい(嬉しい顔)
最近では貸自転車店も多くあり、自転車での移動も結構いいな〜という感じでしたダッシュ(走り出すさま)

si 034.jpg
【軽井沢プリンスショッピングプラザ】
かつてはゴルフ場があった場所に長野新幹線軽井沢駅とともに設けられたそう。
そのため、ゴルフコースをそのまま残した広大な「芝生の広場」があり、
大きく空に抜ける空間になっていて非常に気持ちのいい場所です晴れ
秋晴れを望みつつ、ぷらぷらお買いものカバン


・・・・・・・・・・・とこんな感じで何の気なしに軽井沢を満喫してきましたパンチ
何度行っても飽きない軽井沢。
何度行っても回りきれない軽井沢。。。
そして何度行ってもまた来たくなるところ、軽井沢喫茶店


◆軽井沢:http://www.karuizawa.co.jp/



↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) |    甲信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

秋の福井・後編

前回の続きなんですが、秋の福井の旅車(セダン)
「なぜ、シーズン前のスキー場にあるホテルに宿泊したのか?」
ということなんですが・・・・・

実は今回は、このリゾートタウン内にある施設の、とある“スカイスポーツ”が目的だったのですぴかぴか(新しい)

それは・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレなんです↓↓↓↓↓↓↓↓
09福井 118.jpg

そうなんです、パラグライダー なんです!!!!!
ボクは今回が初めての経験でしたひらめき
ついに空を飛んでしまいましたねわーい(嬉しい顔)

以下時系列で次項有


とりあえず飛び立つ地点までは車で移動車(RV)
登っていくうちにどんどん緊張が高まる(笑)
09福井 120.jpg

いきなり頂上ですがあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
この方が今回のインストラクター。
二人乗りでサポートをして頂いての飛行です。。
09福井 125.jpg

コレは相方ですかわいい
相方もチャレンジしたのです!!
ボクが先に飛ぶのですが、飛ぶ直前に離陸地点から後ろを振り返った画ですカメラ
09福井 128.jpg

いざ!!!!
飛行機テイクオフ!!!!!!!
09福井 130.jpg

上昇気流を利用しながら飛行を楽しみます右斜め上
ちっちゃく見えるのは離陸ポイント!!!
かなり上がってきてます!!!!!!!!!!!!!
09福井 131.jpg

ヤバすぎる絶景!!
モヤモヤやモゴモゴはすべて吹っ飛ぶ別世界iモード
なんだか、初めてテクノミュージックを聴いた時のような衝撃がありましたふらふら
ナゴヤ応答せよ!!ナゴヤ応答せよ!!!!!!!!
09福井 132.jpg

上に目をやると、我らのグライダーが目
こいつ一つでボクの命がもっています。。。。
09福井 133.jpg

ベストコンディションの秋晴れのもと、白川連峰を望むかわいい
秋が深まれば、紅葉もあるんだとか・・・・
スゴい!!
スゴすぎる!!!!!
09福井 135.jpg

わずか10分のフライトでしたが、とっても楽しい10分でしたぴかぴか(新しい)
上空では、地上にいる時にはありえないほどのアドレナリンが放出されるのだとか。。
なるほど降り立った後もかなりの興奮状態むかっ(怒り)
なんだかこれ、ハマりそう(笑)
09福井 139.jpg

パラグライダーは飛行には気象条件が大きく影響し、
雨のとき、風速6m/s以上の風が吹くとき、離陸場正面からの風が入らないとき、
気流が大きく乱れているとき、などは離陸しない様指導されているようですひらめき
重大な事故が時折起こってしまうという、危険なスポーツでもあるパラグライダー雷

それでも、飛ぶ、飛んでしまう・・・・・・・・・・・
それだけパラグライダーには大きな魅力があるのでしょうぴかぴか(新しい)
ダヴィンチの時代から空を飛ぶということは、
人間にとっての永遠のテーマでもありますからねリボン
それにしても、風を受け、空に向かって飛んでいく感覚・・・・
気持ちよかった〜わーい(嬉しい顔)


◆パラグライダー:http://www.jpa-pg.jp/
◆ジャムスポーツパラグライダースクール:http://www.jamsports.jp/
◆スキージャム勝山:http://www.harvestclub.com/Un/Hotel/Jk/index.html


***************************************


飛んで飛んで飛びまくったあとは、若干興奮気味ながら、
今回の旅のシメと考えていた、“永平寺”るんるん

清流・九頭竜川沿いを走るダッシュ(走り出すさま)
09福井 144.jpg

本当に、フライトはテンションが揚がるんですねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
興奮しっぱなしで、ついに愛車の帆もはがしてしまいました(笑)
09福井 145.jpg

昼食をはさみつつ、旅のシメにふさわしすぎる、永平寺ぴかぴか(新しい)
厳しい禅寺らしい威厳ある門構えです!!
09福井 160.jpg

ひらめき寛元2(1244)年に道元禅師によって開かれた曹洞宗の大本山。
 10万坪の寺域には七堂伽藍など、70あまりの建物が建つ。
 永平寺は出家参禅の道場であり、750年前に道元禅師が定めた厳しい作法で、
 何百人もの僧が黙々と修行に励んでいる。


有名な絵図アート
深い森に囲まれた荘厳な寺院。
09福井 191.jpg

頭が良くなりますようにちっ(怒った顔)
09福井 171.jpg

まずは、見学・お参りのお作法の説明本
09福井 172.jpg

ココが見どころの、“傘松閣”グッド(上向き矢印)
09福井 174.jpg

すべてをきれいに洗い流したくなりますねもうやだ〜(悲しい顔)
09福井 175.jpg

もう言葉が出ないほどに、ピカピカに床が磨かれております!!!!
日課の雑巾掛けでしょうパンチ
09福井 180.jpg

鳴りモノが響きわたる、そして自然に引き寄せられるボクら(笑)
09福井 189.jpg

素晴らしい苔の付き具合ぴかぴか(新しい)
09福井 192.jpg

シメのシメはやっぱり花より団子でした失恋
メタボりながらも、なんだかんだ今回の旅も楽しかったねと振り返る僕たちわーい(嬉しい顔)
09福井 195.jpg


◆永平寺:http://www.mitene.or.jp/~katumin/index.html



↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) |    甲信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

秋の福井・前編

大きな台風が過ぎ去ったあと、日本列島はきれいに晴れ渡りましたよね晴れ
世間じゃ3連休ということもあり、ホントに行楽日和のこの週末でした!
僕らは今回、福井へ行ってきました車(セダン)
写真&コメントでアップしますわーい(嬉しい顔)

09福井 011.jpg


***************************************


日曜の朝、名古屋を出発し、およそ2時間半で最初の目的地へ到着ダッシュ(走り出すさま)
09福井 005.jpg

やはり北陸・福井と言えば外せない、お寿司ビール
こちらは三国港から揚がる地の魚がほとんどというお店。
ネタの新鮮さがすべてを決定づけてましたぴかぴか(新しい)

雲丹もおいしかったが、ほっき貝もヤバい、、、、肉厚揺れるハート
09福井 009.jpg

あら汁もいい味してました〜るんるん
09福井 010.jpg


◆鮨 味つくし 富士:http://r.tabelog.com/fukui/A1802/A180201/18000224/


***************************************


そして、しっかり腹ごしらえの後は、、、、、
福井の観光のド定番・東尋坊ぴかぴか(新しい)

何年か振りに訪れましたねリゾート
09福井 012.jpg

“お土産ロード”をブラブラ散策&物色サーチ(調べる)
09福井 022.jpg

けっこう活気ありますね〜パンチ
目移りするくらいのお土産群!!!
09福井 023.jpg

結局、こういうのに目が移りました(笑)
地元の海女さんの戦利品なのか、市場の売り物にしては線の細い雲丹。。
でも味は濃厚グッド(上向き矢印)
09福井 014.jpg

日本海が見えてきました!!!!
09福井 026.jpg

空と海のコントラストがやばすぎる画アート
100%秋晴れの下でこんなにCOOLな断崖絶壁はまさに贅沢!!
日頃のご褒美・・・かなプレゼント
09福井 038.jpg

コレがかの有名な、○○の名所の所以、、、、、、がく〜(落胆した顔)
“大池”というらしいです。
・・・・・・・にしても絶景ですねぴかぴか(新しい)
09福井 037.jpg

遊覧船のチケットを買い込み、下へ下へくつ
09福井 044.jpg

船の中から見る、断崖もまた一味違う船
このバーのようなゴツゴツの岩を、「柱状節理」というんだとか耳
地質学的にも珍しい奇岩で世界にも東尋坊を含め3箇所らしい!!
09福井 050.jpg

最高のクルーズ霧
頭ん中には 『Quiet Village』 が自然にフェードイン音楽
09福井 053.jpg


◆東尋坊:http://www.mikuni.org/contents/play/tojinbo/index.html
◆Quiet Village:http://www.amy.hi-ho.ne.jp/haccha/


***************************************


けっこう、船に揺られて体に応えましたね(笑)
へろへろ気味になりながら、この日のお宿へ向かういい気分(温泉)

ちょ〜ど日も陰ってきた頃ホテル
09福井 091.jpg

チェックインメモ
09福井 078.jpg

そそくさとお部屋へ向かう・・・・・・モバQ
09福井 092.jpg

・・・・・と、窓からはこ〜んな景色が!!!!!
極上の秋晴れ&シーズン前のスキー場スキー
ダイナミックなパノラマ&ゆっくりとした時間軸時計
こりゃ、小疲れしていた僕らも速攻で元気が戻る戻る!
09福井 074.jpg

思わずグローブ借りて原っぱでキャッチボール野球
コレがオモシロい面白い!!
09福井 085.jpg

美しいサンセットAT白川連峰ぴかぴか(新しい)
ヤバすぎる眺望。
09福井 088.jpg

夜は珍しくビュッフェスタイルにしてみましたわーい(嬉しい顔)
これはこれでメタボ道まっしぐらですねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
09福井 094.jpg

今回このホテルに泊まったのには実はある目的があったのでした・・・・・・・・
“シーズン前のスキー場”には一体何が!!?????
続く手(パー)


◆スキージャム勝山:http://www.harvestclub.com/Un/Hotel/Jk/index.html


↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) |    甲信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする