2011年01月21日

鹿児島県鹿児島市東千石町 くろいわラーメン 【ラーメン】

全国にご当地ラーメンというものがあり今や旅のお供的な、当地へ行くならば必須的な。
そんな賑わいを見せる近年のラーメンブームレストラン
年末年始の鹿児島旅行の際も勿論いただいてきました。
今回は初「鹿児島ラーメン」ということで、伝統的な鹿児島ラーメンのお店にお邪魔しましたどんっ(衝撃)

くろいわラーメン

IMG_2870.JPG

昭和43年から営業されている老舗で、ココ本店は創業時から場所を変えずにやっているんだそう。
天文館のアーケード内にあり、角地に大きな建物が目を引く目

地元民に好評の平均的な鹿児島ラーメンといえるようで、確かに店内は大繁盛爆弾
二階席や三階席もあるらしく、席数は多いので2,3分待っただけだが、
ひっきりなしに客が入ってくる。
そう、回転が物凄く早いのだ。

IMG_2872.JPG IMG_2876.JPG 

壁には芸能人や有名人のサインがところ狭しと並び、ついつい目が行ってしまうサーチ(調べる)
いかにも地方の名物ラーメン店に来たな〜〜〜ってな雰囲気を味わいつつ注文をする。
ラーメンを一杯るんるん
お隣さんのどんぶりに目をやると結構ボリューム満点に見えたので、定番のラーメンで勝負。

すると威勢の良い鹿児島訛りの掛け声とともにボクの麺が茹で釜へと投入されていくのが見えた。
ああ、快感・・・・・・(笑)
こういう旅先でフラッと入った(といってもモチロン下調べしたお目当ての店にしか入らんが)店で、
地元の人とちょっぴり触れ合ったり、その土地の風習なんかを垣間見ると、
なんとも言えない幸福感に包まれるんですよね!!
こういうのがまさに旅の醍醐味ってやつでしょうわーい(嬉しい顔)

IMG_2874.JPG

そうこうするうちにいきなり先制パンチを食らうパンチ
ほらっ!!
これが有名な鹿児島ラーメンの前のお通しに「大根の漬物」ってやつ。
甘酢大根の千枚漬けなんですが、これが意外とさっぱりしてていい感じ。

そして・・・大根食いながら待つこと5,6分ほどで時計

IMG_2877.JPG

で〜〜〜〜ん!!!!!!!
結構インパクトあるでしょう!!!!!!!!!!!!!!!

うず高く盛られたモヤシの上に焦がしネギが乗っかり香ばしさをそそる揺れるハート
周りには青ネギが散在しこれまた量多めで美味しそう。
そして自慢のチャーシューが埋もれて、今か今かと出番を待っているビール

いやこれ、美味そうじゃないっすかあああ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!

IMG_2883.JPG

スープを一口すすると。
思いのほかあっさりで飲みやすい!!
とんこつと鶏がらからとっており十分なコクが感じられるものの、
久留米ラーメンのような獣臭さや熊本ラーメンのような重厚な感じはないグッド(上向き矢印)
どちらかと言えば「甘み」と言う方が正しいかも。
軽快でまろやかな美味しいスープですわ。

お次は麺を。
中太麺でコシのある麺で食べ応えあり。
スープによく絡み美味い手(チョキ)

うんうんやはり予想通りのボリュームで、普通のラーメンにして正解でした。
ココのラーメンは「見た目こってり・味はさっぱり」とも言うべき味わい。
でも九州の豚骨ベースらしいコクってもんもしっかり感じられ、満足の一杯でした。
こりゃ地元民にも愛される理由がわかりますプレゼント
名古屋にあれば、年一回くらいのペースで通うでしょうね(←ハイペースって意味)。
ココはお薦めです。



●くろいわラーメン 本店●
鹿児島県鹿児島市東千石町9-9
099-222-4808 無休 10:30〜21:00
http://www.kuroiwa-ramen.com/index.html




くろいわラーメン 本店ラーメン / 天文館通駅いづろ通駅高見馬場駅









↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 






posted by ビーチ at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) |    鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

鹿児島県鹿児島市千日町 天文館むじゃき 【甘味処】

今日はわたくしの住まいのある名古屋も大雪で交通機関も麻痺、あちこちで車の小事故が発生。
気温もかなり下がり、大荒れの天気となりましたよね〜雪
・・・・・・・で、そんなさなか、なんと今回はカキ氷のご紹介(笑)
誰がこの真冬に氷食べたいねん!!と突っ込みが入りそうですが、美味しいからアップですTV
鹿児島一の繁華街・天文館の名物、誰もが知っている「白熊」です。

天文館むじゃき

IMG_2893.JPG

店前には大きな白熊人形がいきなり陽気にお出迎えリゾート
いかにも南国鹿児島っぽい雰囲気でいい感じ。
ここは、夏になるとアイスバーとしてコンビニでも簡単に買える氷菓子、「白熊」の発祥の地。

白熊の歴史って思ったよりも古いんですねひらめき
戦後間もない昭和22年、先代の久保武氏により考案されました。
簡単に言えば、特製ミルク(練乳)のかかったカキ氷。
サイズは直径、高さが20cm以上あり、標準サイズでこれだからかなりのボリューム感。
トッピングに、レーズン・桜桃・西瓜・メロン・寒天・バナナ・白豆・プルーン等が散りばめられ、
上から見て、その配置が白熊の顔に見えるところからこの名前になったそうなんでするんるん
上手いことネーミングしましたよね(笑)

IMG_2895.JPG

店内はいわゆる喫茶店的な印象でカジュアルで大衆的喫茶店
みな手にはガイドブックを持った観光客ばかりでしょ、って思いながら辺りを見渡すと、
意外にも地元の人らしき人がチラホラいらっしゃいました眼鏡

う〜ん、観光客は解りますが、やっぱり鹿児島の人は真冬でも白熊食べてるの??
・・・・・ってな素朴な疑問が浮かんできましたよ手(パー)
こういうネタって県民ショーとかで見られるんでしょうか。
プチ民俗学として本当に興味深い所です。

IMG_2897.JPG

で、これが実物バー
スゴイ迫力でしょう!!!!!!
思ったよりも大きく初め見た時は絶対に残すな〜って思っちゃいましたが、
結局じぇ〜んぶペロッと完食できました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ホロっと崩れるふわふわの雪のような氷の舌触りは極上のシルキーな感触。
そこに特製の作り方は企業秘密という練乳の豊かな甘みが口いっぱいに拡がる。
これう〜〜〜〜んまいっしょ揺れるハート
トッピングの果実系や寒天やレーズンも色とりどりで楽しいっす。

IMG_2901.JPG

天文館のアケードの一つ、G3アーケードの一番はじっこにあるこちら家
鹿児島に行った際は是非とも外せないB級グルメ観光名所ってところでしょう。
どのガイドブックにも載ってるし、アクセスもいいのでお薦めですグッド(上向き矢印)

「白熊」はお取り寄せもできるみたいなんで夏になったら話のネタがてらまた注文してみようかな〜。
子どもなんか絶対好きですからね、こういう味わーい(嬉しい顔)




●天文館むじゃき●
鹿児島県鹿児島市千日町5-8
099-222-6904 大晦日のみ休み [月〜土]11:00〜21:30 [日・祝・7月・8月]10:00〜21:30
http://www.mujyaki.co.jp/



天文館むじゃき 甘味処 / 天文館通駅いづろ通駅市立病院前駅








↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) |    鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

鹿児島県鹿児島市中央町 とんかつ川久 【とんかつ】

鹿児島グルメといえば真っ先に思い浮かぶ豚肉料理ドコモ提供
豚肉料理といえばしゃぶしゃぶもいいしバラステーキもそそられますが・・・・・・
やっぱりこれ、「とんかつ」でしょう!!
脂の乗りまくった美味しいロースとんかつを目指し、はるばると鹿児島まで出撃飛行機

とんかつ川久

IMG_2626.JPG

鹿児島の中心部、その名も鹿児島中央駅から徒歩数分の絶好の立地バス
周囲にはやはりぽつりぽつりと「とんかつ」やら「黒豚」やらの看板がちらほら。
いや〜来ましたね〜薩摩の国に!!!ってな具合。
お腹の減り具合も、というか食い意地の張り具合も、まるで戦後間もない頃、
GHQにべったりでチョレートやビスケットをせがみまくっていた餓鬼並みのレベルの御一行(苦笑)
こりゃどうなることやら・・・・・わーい(嬉しい顔)

そんなテンションでレンタカープリウス号に登録した目的地周辺にたどりついたのはお昼前。
店の開店の11:30きっかりに着いたんですが、なんと!!
並んでるでないか!!!!!
と、と、と、とんかつ屋で行列??
聞いたこと無いぞ失恋
さすがは鹿児島とんかつのトップに君臨するといわれている店は伊達じゃないすね。
こりゃ楽しみっすひらめき

ちなみに店構えのお写真には行列は無いですが、コレ、
ふとしたタイミングで撮れた奇跡の一枚なんです(爆)

IMG_2632.JPG

待つこと30分、結構待ちました。
低温気味でじっくりと全体に火入れをするというこだわりの揚げ方もあり、
順番が進むのがスローペースだったんですが、それにしてもすごい人気っぷりぴかぴか(新しい)
こういう所でもう既にその実力の片鱗をマジマジと見せつけられる僕ら。

店内も勿論満席で活気に溢れておりました!!!
いや〜これは名店の匂いぷんぷん。
って、いやマジで名店なんですよるんるん

そうこう言いながらとんかつを楽しみにして待ちつつ、
まず、「とりま」ってことで頼んだコチラがまずお目見え。

IMG_2633.JPG
【揚げ出し豆腐】
これがウマいのなんの!!
元来練りモノや芋関連のレシピ、豆腐を使用したメニュー等が豊富だといわれる南九州ですが、
お得意の揚げ出しであるとはいえ、ここまで高レベルだとチョットビビっちゃいますね。
濃い目のお出汁がビールをそそるビール

IMG_2629.JPG

プロローグの一品モノからすでに、ある程度ジャブでふらふらした僕らですが、
空気的に今日はノックアウト確実なのかな〜な〜んてちょっくら思ったりむかっ(怒り)
そんなこと思いながらついに来ますよ!!!

IMG_2635.JPG
【上ロースかつ】
お顔はこんな感じ。
大ぶりなカツがどっしり構える。
やばい。
一瞬で当たりって思ったよプレゼント

IMG_2637.JPG IMG_2638.JPG

中心部がほんのりピンクがかっていて、この上なくジューシー&柔らかハートたち(複数ハート)
ロースならではの滴る様な甘い脂が豊かに口内に広がります。
コレ、はんっぱ無く美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

お店の人がこっそり言うには特上だけは部位が異なり脂が多過ぎるのでお薦めしないとか(笑)
特上はリブロースで上は通常のロース部位。
上の方がいいですよと言われてこっちに耳
いや、これマジ正解かも。
丁度いい脂の乗り加減、肉の旨みも殺さない程度に主張しています。
そして分厚いのにちゃんと火がまんべんなく通っておるご様子レストラン
145℃の低温長時間で揚げるため、それほど硬くならずに風味を閉じ込めて仕上がるんだとか。
最高っす!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ソース、醤油ダレ、柚子味噌ダレの中から、お好きなものをつけていただくんですが、
個人的にはやっぱりソースがお薦め手(パー)
甘くて野菜の旨みのたっぷり詰まった自家製のソースはこれまた抜群。

いやいやいやあ、鹿児島の本場とんかつ、ここ川久は超強力なパワーボムでした爆弾
鹿児島食べ歩きの第一弾がこれだったんですが、初めからヤバかったですよ。
ここは名古屋からは遠く遠く離れておりますがまた再訪したいところですね〜!


●とんかつ川久●
鹿児島県鹿児島市中央町21-13
099-255-5414 水曜定休
[月・金]11:30〜14:30  [火・木・土・日・祝]11:30〜14:30 17:00〜21:00
http://r.tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46000246/



とんかつ川久 とんかつ / 鹿児島中央駅都通駅鹿児島中央駅前駅






↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) |    鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする