2010年09月14日

鳥取県境港市花町 御食事処 峰 【魚介料理・定食】

ゲゲゲの境港で遊んだ最後、夕方になってお腹が空いたねということで立ち寄ったお店。
(・・・・・って2時間半前に寿司喰ったばっかりだろうよ失恋)
ふらっと寄るにしては良すぎたお店なのでご紹介を。

もう目の前は境水道大橋を望む絶景のロケーションです眼鏡
夜漁にと沖へ向かう船や、おもむろに釣りを始めるおじさん、
対岸の島根の山を赤く染める西日や、小魚の群れを追っている海鳥が目に飛び込んでくる。
嗚呼、これぞ境港旅情ですね〜船

御食事処 峰

IMG_3211.JPG

お店はまさに地元民に愛される和風食堂といった趣で、お盆休み中ということもあってか、
家族親戚同士と思しきグループが多しレストラン
子供から大人までくつろげるアットホームな雰囲気。

ただ、その喰わせてくれるお魚は一級品。
ここは境港、新鮮な魚介を一堂に集め、それをそのまま新鮮なうちに出してくれる。
お造りや煮魚の一品から定食・御膳まで、バリエーション豊富。
こりゃ、どんな人が行っても間違いのない鉄板店ですねひらめき

640x640_rect_2378032.jpg

旅館での会席や、寿司屋、市場での生魚。
もうさんざん食べた後の我々が食べたかった魚介料理は実にシンプルでした。
やはりこういうものが一番落ち着きますね〜喫茶店


IMG_3202.JPG
【もさえび塩焼き】
旬の旬ではないですが、鳥取に来たからには、のコチラ。
残念ながらお造りは売り切れで塩焼きのみ。
それでもこれは美味しかった〜!!
甘エビより甘く、赤社よりも旨みがある。
凄い海老でするんるん

IMG_3201.JPG
【サザエお造り】
新鮮〜海の味〜るんるん

IMG_3204.JPG
【本日の三種盛り】
ブリ・アジ・ダルマダイ
コレも生ですね〜るんるん
ダルマダイは目鯛のことで、脂の乗りが半端無いです・・・・・美味しい。

IMG_3205.JPG
【カサゴの煮付け】
ほろほろと身が崩れて口内で踊るるんるん
カサゴはねっとり感もあって甘いなあ〜〜!!!!
これは美味しいですよ!!!!!!!!

IMG_3206.JPG
【メバルの煮付け】
メバルはもっともっと旨みがありますねるんるん
はあ〜磯の香りがするわあ〜!!
コレもギザ美味いっす(笑)

IMG_3207.JPG
【あら汁】
定番のあら汁。
幸せるんるん

IMG_3208.JPG
【あさりのみそ汁と飯】
僕はこっちをチョイスるんるん
ホッとする味で、最後を締めくくり。

 
境港で揚がる魚を存分に堪能できる店。
何の変化球も無い直球ストレート野球
8−2で9回裏コールドでエースの完投勝利、そんな感じです(笑・なんのこっちゃ)

とにもかくにもここはいつ行っても安心して食べられそうですねビール
ご馳走様でした。


●御食事処 峰●
鳥取県境港市花町1-4
0859-42-2601 火曜定休 11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜21:30(L.O.21:00)
http://www.sakaiminato.net/site2/page/point/gourmet/sakana/mine/


御食事処 峰 魚介・海鮮料理 / 馬場崎町駅境港駅






↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) |    鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

鳥取県境港市相生町 いろは寿司 【寿司】

境港でとてつもなく美味しい寿司屋との出逢いがありました!
あまりに感動し、相方とはその後の家路までこの寿司の話題で持ちきりでしたキスマーク
国内屈指の漁港を誇る魚の町・境港にはやはりこのような店があるんですね〜。
本当に今回ばかりはお手上げ状態でしたモータースポーツ

いろは寿司

IMG_3120.JPG

創業は1935年で、境港では初めての立ち食いの寿司屋になるんだそう。
今の大将で孫の代というから期待が膨らむ。
ネタはもちろん地のもので、目利きである大将が境港の卸売市場で直接仕入れるモノのみ。
地元でも腕はぴか一と評判の老舗なんだとかひらめき

IMG_3098.JPG

暖簾をくぐり中へ入ると意外にもコンパクト。
大将も思っていた以上に若く、私と同じくらいか。
挨拶も威勢がいいというよりは、短く落ち着いて真面目に声を発するという感じ。

磨きこまれている事が一目瞭然のつけ台はぴかぴかと輝いている。
また、冷蔵ケースのないスッキリ感は、地味ながらもいいセンスを感じるぴかぴか(新しい)
年季が入ってはいるが、道具を大切に、物を大切に、本当に大切なことをわかっている様子。
ここまででもうすでに軽く好印象でしたグッド(上向き矢印)
だが、写真にも見える魚の漢字が並べられた暖簾が後にすべてを物語っているということには、
この時点では知る由もなかったのです!!!!

以下、おまかせで握ってもらった寿司の写真と一貫ずつのコメントです。
ココロして見てくださいわーい(嬉しい顔)


**************************************


全体図IMG_3104.JPG
まず、こんなお寿司見たことありますか????
凄い顔してますよね!!!!!
コレを見た瞬間、初めに抱いていた見知らぬ土地の寡黙な主人に対する若干の猜疑心は、
こっぱ微塵に吹き飛びました!!!!!!!!!!!!!!
これは美味しいだろう、とレストラン

のどぐろ(赤むつ)
IMG_3107.JPG
松皮造りになっていて、身と皮との間にある脂に旨みが凝縮しているのです。
よ〜く魚のことを知っているな、扱い方を知っているな、そんな一貫レストラン
白身の中でも王様的な扱いであるのどぐろは夏の日本海の目玉ネタ。

炊いた鮑IMG_3112.JPG
これはしんなりとした食感で味が濃い。
やはりこちらも旬で、盆前後の鮑は海藻をしっかり食べているので味が良いのです。
隠岐の島で獲れた鮑。
美味い。

炊いた鮑の肝IMG_3108.JPG
こちらは肝。
独特の苦みと甘み、、、、、非常に滋味深い味わい。
ぶるんっと口内で肝が踊るレストラン

つづりIMG_3109.JPG
タヌキメバルのこと。
恐らく方言だとは思うのですが。
とにかく歯ごたえも小気味良く、爽やかで、むちゃくちゃ美味かったレストラン

しらさ海老
IMG_3110.JPG
コレも時期は夏から秋にかけて。
甘みが半端無く、とろけるよう。
もちろん美味しいレストラン

大トロ
IMG_3111.JPG
鮪の旬は実は7〜8月。
大型冷凍設備を持たない境港港では生のまま出すので、この時期が旬となる。
だから大間や築地は冷凍モノになるのだ。
・・・・・今まで食べてきた鮪は何だったのか?というほどに別格の味わい。
とにかく大トロなのに軽い。
全然くどくないし、くどいどころか爽やかさも感じるレストラン
本当の日本海のクロマグロを味わうには夏の境港なのである!!

雲丹
IMG_3114.JPG
隠岐の島で獲れた雲丹。
これもとてつもなく香りが強く濃厚。
むちゃくちゃ美味いレストラン

白いか
IMG_3116.JPG
夏の鳥取の風物詩。
しっかりとイカそのものの味がしていました。
コレ食べなきゃ名古屋に帰れませんよねレストラン

あら汁IMG_3105.JPG
イサキ・のどぐろ・タイ・つづり、の4種のあらで出汁を取ったみそ汁。
常に同等の味をキープするには数種類の魚をブレンドし、どんな時期に当たっても、
対応できるようにしているんだと大将。。。
熱意が凄いレストラン


**************************************


ココまでで薄々お気づきかもしれませんが、
一貫一貫のネタでこれ以上に無いほどに熱心に説明してくれた大将がココの寿司屋の肝でしたプレゼント

もちろんすべて地のものだし、美保湾や隠岐の島で獲れる日本海の恵みが美味くないはずがない。
ましてや此処は天下の境港漁港、美味しい魚介がドシドシ集まってきます船
・・・・・ただ、それだけでは済まされないのが、「いろは寿司」 なのでした!!!!

IMG_3101.JPG

大将は初め、どちらかと言うと物静かに見えました(失礼)
でも、一旦こちらが質問すると、もう止まらない、止まらないダッシュ(走り出すさま)
まるでスイッチが入ったかのように怒涛の魚話が始まるのです!!!!!
これにはもう凄まじい熱意と勢いを感じました揺れるハート

・旬とは筍のようなもの。
・新月の話と似ている、要するに旬は15日で変わる。
・境港は生の鮪しか使わないし、また、生しか使えない(大型冷凍設備がない)。
・7〜8月の鮪について。
・寝かせないと生鮪なんて食べられやしない。
・隠岐の島の貝事情。


様々な魚にまつわる蘊蓄から、調理の話、旬時期の話、、、、、、、
息つく暇もなく、落ち着いた物腰で絶え間なく熱く語るパンチ
挙句の果てには魚の写真が収まったファイルを取り出して見せながら説明してくれる。

IMG_3119.JPG

魚に対するとてつもない深く大きな愛情を感じ得ましたムード
これはもうオタクだとかいう範疇を超え、確実な寿司職人の魂を見せてもらえました。
正直最初は少し驚きましたが、大将の話を聞いていると、
もう嬉しくて嬉しくて本当に涙が出そうでしたもうやだ〜(悲しい顔)

境港まで来てこんな寿司屋にたどりつけるなんて・・・・・・・・・
なんて幸せなんだろうと。


時化の時にはお薦めしません。
だって冷凍モノは使わず、旬のものしかないんだから手(パー)
是非とも、夏の鮪が美味しい7〜8月に行くことをお薦めします。
僕はまた来年も行きたいと思っておりますビール
真面目な大将に拍手!!!

IMG_3093.JPG

IMG_3121.JPG



●いろは寿司●
鳥取県境港市相生町17
0859-42-3045 木曜休み 11:00〜19:00
http://homepage3.nifty.com/nigiri/index.htm


いろは寿司 寿司 / 境港駅




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) |    鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

鳥取県倉吉市堺町 米澤たい焼き店 【甘味・たい焼き】

旅情たっぷりの倉吉の町並みを散歩しながら立ち寄った店。
重要伝統的建造物群保存地区になっている玉川沿いの白壁土蔵群や商屋の並ぶ地区より、
徒歩で2〜3分のほど近いところにある手(チョキ)
地元のみならず、観光客をはじめ、全国的にも美味しいと評判のたい焼き屋さんです。

米澤たい焼き店

IMG_2801.JPG

創業は昭和23年で、60年以上続く変わらぬ味が好評。
レトロな外観にも負けないレトロな内装いす
奥にある、カリモクっぽい映画のワンシーンに出てきそうなソファが心地良い。
時間が止まっているかのような、懐かしい気持ちに一気にさせてくれます!

IMG_2796.JPG

この写真を撮っているときはたまたまお客さんは少なかったですが、
ひっきりなしに買いに来るダッシュ(走り出すさま)
中で食べていく人よりも持ち帰る人が多いので、空いているように見えるだけかな。
とにかく、人気のお店なんだな〜というのがわかりますひらめき

そうなんですよ〜!!
ここのたい焼きが食べたかったんですよ〜!!!!!!!!!

IMG_2795.JPG

店頭で、もちろんその場で焼いてくれます。
作り置きはせず、注文が出れば追加で焼く、といった感じグッド(上向き矢印)

“たい焼き型” に注目です!!!
これがビックリのお宝級で、なんと昭和20年代から大切に使われてきた鋳型なんだそうです。
よく見てみると、一つずつ型に生地を流し込む昔ながらのスタイルなんですよ。
好感持てるな〜ムード

IMG_2797.JPG

コレです!!
コレがお目当ての 『たい焼き 一個90円』 なんです!!!!!!!!
やや小振りで凄いシンプルでしょう??

生地は極限まで薄く、そして白い。
表面にはパリパリ感が出るくらいに程良く焦げ目が付いています喫茶店

肝心の餡は、粒あんで、丁度良い甘み。
熱々でトロットロですよキスマーク
とにもかくにも、流れるように溢れだす餡が最高!!!!!!!!!
頭の先から尻尾の先端まで、ぎっしり詰まってましたどんっ(衝撃)
キレイに切って断面図でも撮れば良かったかな(笑)

いやいやいやあ、っていうか、これはマジでお薦めですよ〜!!
倉吉へ行く方は是非ぴかぴか(新しい)


●米澤たい焼き店●
鳥取県倉吉市堺町2丁目929-1
0858-22-3565 火曜休み 10:00〜19:00
http://www.tori-navi.com/special/081185/yonezawa.html




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) |    鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

鳥取県鳥取市賀露町 若林 【寿司】

鳥取港からほど近い海沿いにある「鳥取港海鮮市場かろいち」の中船
魚介類の販売を行う商店の横で、同経営の同じ名前の寿司屋。
その日に水揚げされた魚を寿司ネタに使うという耳
いつもいつも観光客と地元の人で賑わっているようです!

寿司 若林

IMG_2539.JPG

女性だけで切り盛りしていて、握っているのも女性。
そうなんです、ここは隣の若林商店で働くおばちゃんたちが、
ここですぐさま美味しい鳥取の魚を食べたいという人達のためにお店として開いているんですビール

だから、握りの具合だとか、江戸前のような技巧、日本料理の心、というよりは、
ネタの新鮮さが唯一にして最高の売りって訳。
いや〜、それにしても!評判通りにぞくぞくと人が集まってきますよグッド(上向き矢印)
わくわく〜♪ わくわく〜♪

IMG_2541.JPG

待つこと、そこそこ(苦笑)
やっと僕らの順番です。
さ〜〜〜てと、日本海の恵み、いっぱい食べるぞ〜わーい(嬉しい顔)


IMG_2543.JPG
【岩ガキ】
乳白色の身がプリっプリに光る!!
これはミルキーで美味しいですねぴかぴか(新しい)
さっき隣の市場で並んでいたものをすぐさま殻を割って持ってきてくれました。

IMG_2544.JPG
【握り8貫】
コレが目当ての握りのセットです。
左上〜右上:白いか・かんぱち・よこわ・かに
左下〜右下:ホタテ貝・サーモン・まるご・たい
コレが本当にびっくりのネタの良さ!!!!!!!
すべて身が生きてましたぴかぴか(新しい)
“よこわ”とは、クロマグロの体長90センチメートル以下、体重7キログラム位の若齢魚のこと。
若いクロマグロはこの地方では夏が旬なんです揺れるハート
“まるご”は、鳥取・島根でのブリの若魚の呼び名のことです。

IMG_2546.JPG
【ウニ】
コレも大粒で美味しいです。
追加で頼んじゃいましたぴかぴか(新しい)

IMG_2547.JPG
【海鮮丼】
内容は握り8貫と結構被ります。
いや〜〜それにしてもネタがいいわぴかぴか(新しい)

IMG_2548.JPG
【胎貝の吸い物】
胎貝(いがい)はムールガイに似ていますが、別種です。
旬は夏とされているよう。
旨みたっぷり、微かに苦みも感じられ、これが味わいを特徴づけていますぴかぴか(新しい)
いい出汁が出ています!!!!


う〜〜!!!!
やっぱり鳥取日本海の海の幸、侮るなかれって感じです。
平均レベルが高すぎますわがく〜(落胆した顔)
素直に美味しいです。

また、実は握り8貫で800円という格安っぷりにも驚きですひらめき
このネタなら、ちょちょいと食べて1万円並みの値段設定でもいいかなってくらいに感じましたよ。
最高でした!!


●寿司 若林●
鳥取県鳥取市賀露町1757 鳥取港海鮮市場かろいち内
0857-32-2101 月2回火曜日休み [月〜金] 11:00〜14:00 [土・日] 11:00〜15:00
http://www.waka2443.com/index.html


寿司若林 寿司 / 鳥取大学前駅




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) |    鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする