2010年09月24日

京都府京都市中京区堺町通三条下ル道祐町 イノダコーヒ本店 【喫茶・コーヒー】

先日朝早く名古屋を出て京都へお出かけする機会がありました。
その際、朝食を京都でということになり、迷わず浮かんだのがこちらひらめき
赤いコーヒーポットの絵柄が商標の印。
京都の喫茶モーニングの代名詞喫茶店

イノダコーヒ 本店

IMG_0106.JPG

ここへ来ると、清水寺に来た時と同じくらい京都に来たなあ〜って感覚になります。
古い町屋風の建屋は開業当時のそのままではないものの風情たっぷり。
二階もあり、モルタル金ゴテ仕上げとして墨色に塗り、
鉄筋コンクリート造りながら味わいある建物となっておりますいす

レトロなベージュの椅子やテーブル、煉瓦張りのトイレやその前で飼われているオウム。
昭和のイメージな噴水と和風の庭の取り合わせ、などなど・・・・
内装の雰囲気も抜群にいいですよ人影

IMG_0108.JPG IMG_0111.JPG IMG_0115.JPG

お目当てはもちろんココんちの珈琲喫茶店
自社の焙煎工場で焼き上げられたコーヒーは正直本当においしいですよね。
粉として売られている「アラビアの真珠」は有名で、我が家でもコレを好んで使ってます。

それと、もうひとつ。
モーニングのメニューである大定番 「京の朝食」。
もうボリューム満点で味が良い!!

文人、芸術家などが常連客として通い、このモーニングを食したというのもいい話ですぴかぴか(新しい)
池波正太郎(作家)・初代水谷八重子(女優)・吉村公三郎(映画監督)・山口華楊(画家)・・・・・・
心安らかにコーヒーをすする池波先生、何だか想像するだけで胸が熱くなってきますね揺れるハート
こんな錚々たるメンツが好んだ朝食、ボクも同じ気持ちになっていただいてきました(苦笑)


IMG_0123.JPG
【コーヒー・砂糖ミルク入り】
これがイノダの名物・砂糖ミルクが初めから入ったコーヒー喫茶店
なんでも、客が会話に夢中になってコーヒーが冷め、
砂糖とミルクがうまく混ざらなかった事がきっかけとなりこんなスタイルになったんだとか!!
歴史がありますね〜時計

IMG_0124.JPG
【コーヒー・ブラック】
モチロン、近年の嗜好の多様化に合わせ、初めに砂糖ミルク入りでいいか聞いてくれる。
僕はお願いしてブラックにしてもらいました喫茶店
相変わらず美味しいですね!!

IMG_0118.JPG
【京の朝食】
ジュース・サラダ・タマゴ・ハム・パン・コーヒーで¥1200也。
この写真のプレートと先ほどのコーヒー、そして次の写真のクロワッサン(一人一個)でワンセット。
ひとつひとつがキチンと調理されている印象手(チョキ)
美味しいなあ!!

IMG_0120.JPG
【パン】
このクロワッサンも絶品ですね。
もう一個くらい軽くイケちゃう(笑)


IMG_0104.JPG IMG_0128.JPG

嗚呼、満足ですムード
京都の老舗コーヒー店でモーニング。
ちょっと早めに向かって、お寺観光の前にどうですか?
最高に気持ちいいですよわーい(嬉しい顔)
ちなみに今年2010年で創業70年だそうで。

京都でお抹茶もいいですが、昭和ノスタルジックなイノダで珈琲もいいもんです。

最後にはもちろんお土産に粉を買って帰りました。
店員さんたちは最後まで丁寧な接客プレゼント
なんだか清々しい気分になりますね〜!
名店という処にあぐらをかかず、本当のおもてなしを見させてもらいましたパスワード
誘ってくれたYさん、いつもながらありがとう!!


●イノダコーヒ 本店●
京都府京都市中京区堺町通三条下ル道祐町140
075-221-0507 無休 7:00〜20:00(L.O.19:45)
http://www.inoda-coffee.co.jp/




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) |    京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

京都府京都市東山区下河原通塔の前下ル八坂上町 IL GHIOTTONE 【イタリア料理】

京都市八坂、五重塔のすぐ横に静かな木造の町屋風の店舗が見える。
そこは日本中にその評判が轟く、イタリアンレストランバー
少しでも食に興味をお持ちの方であれば、一度は耳にしたことのある店だろう。

IL GHIOTTONE (イル・ギオットーネ)

IMG_2330.JPG

清水寺に通ずる二年坂・三年坂へと繋がっていく石畳の行程。
土産物屋や民芸品、粋なお店が軒を連ね、いかにも京都に来たという風情ぴかぴか(新しい)
ある意味、日本中で最も日本らしい土地処で、極上のイタリアンを食らう。
こんな贅沢、なかなかないですよね。

高台寺手前の広めの道沿いのコインパーキングに車を駐車し、
しばらく細い坂道を登ること数分ダッシュ(走り出すさま)
見えてきました、八坂の塔が!!

IMG_2334.JPG IMG_2332.JPG

今回は長らく懇意にさせてもらっている京都在住・京都市内中心部のお寺さんの住職の倅も、
この食べ会に参加しておったため、道のり等簡単なガイド付きかのような快適な旅になりました。
C君、ありがとうねプレゼント

いろんな話、最近の京都食事情について、京都産食材について、イタリアンについて等々、
実にならない話ばかりで盛り上がりながら開店と同時に目的の店へと辿り着いた揺れるハート

IMG_2339.JPG

ここイル・ギオットーネは、今や京都一予約の取りにくいイタリア料理屋と言われています。
笹島保弘シェフが、2002年、“京都発信”のイタリアンを目指し開店家
2005年11月、東京都千代田区に「イル・ギオットーネ丸の内」を続けてオープン。
その後も東京都内や京都市内で数店を立ち上げ、そして今年の6月にも、
四条烏丸に「トラットリア&バール」を開店パンチ
今、一つのジャンルの中で言うならば、日本で一番乗っているシェフと言ってよいでしょうね。

いやいやいやあ〜〜〜今度も本当に楽しみな食事会になりましたね!!!!!!

IMG_2341.JPG

この日はディナーで伺いました。
¥7875+サービス料等のプラスアルファ、のコースでお願いしました。
以下、写真&コメントですカメラ


****************************************


IMG_2343.JPG
【No.1】
パンチェッタを巻いたオマール海老のフリットを、
トマトのシャーベットとアフリカのクスクスと共に。
パンチェッタはいい塩加減でしんなりとした質感。
それでもってフリット仕立てにして食感のギャップを演出グッド(上向き矢印)
シャーベットの温度も効果的!!!

IMG_2345.JPG IMG_2359.JPG
【パン&オリーブ油】
このパンとオリーブ油、かなり美味しい!!
ダイエット中だから1個でいいです、と4回言い続けて、
結局この日のパン全4種を全部頂きました(笑)
どこのオリーブ油か聞けばよかったグッド(上向き矢印)

IMG_2347.JPG
【No.2】
鱸のカルパッチョ、カラスミをまぶし、スプラウトと賀茂茄子を添えて。
旬の魚で、しかもさっぱりな鱸をチョイス。
旨み・深みはカラスミ担当。
野菜もさっぱりで、夏らしい逸品でしたグッド(上向き矢印)

IMG_2351.JPG
【No.3】
牛肉のタルタル風、水茄子を挟み、サマートリュフを散らして。
トリュフの香りがしない。
何故だろう?
牛肉と水茄子は美味しく食べさせてくれましたグッド(上向き矢印)
満足感の大きな一品。

IMG_2353.JPG
【No.4】
真魚鰹とレタスのティーニ、酢橘かけ。
真魚鰹も夏が旬の魚。
西日本ではよく獲れ、レストランにもよく出される印象です。
脂が乗っていながらもくどくないし、さらに酢橘の爽やかが効いている!!
美味しいですグッド(上向き矢印)

IMG_2357.JPG
【No.5】
とうもろこしのリゾット、パルマ産の生ハムととうもろこしの髭を乗せて。
これは美味しいです!!!!!!
この日のベストかもグッド(上向き矢印)
甘みの源・旬であるとうもろこし、塩味の源・生ハム、いい具合にマリアージュ。
黒胡椒やオリーブ油も主役をグンと引き立てております!!!

IMG_2360.JPG IMG_2362.JPG
【No.6】
犬鳴(いぬなき)豚の炭火焼と自家製ソーセージ、夏野菜、
パッションフルーツ&マンゴーのソースで。
ここにきてこのボリュームにはガチで参りました(笑)
大阪で唯一のブランド豚・泉州の犬鳴豚は、僕は知りませんでしたが幻らしいんです。
個人の養豚業の方が、丹精込めて育て上げるポークで、数が出にくいという事。
まさにとどめの一発でした!!!!!
いい肉質、脂と肉のバランスが極上で、ペロッといけましたグッド(上向き矢印)

IMG_2366.JPG
【ドルチェ】
ココナッツのブラマンジェ、フレッシュメロンとメロンシャーベット。
最後は5〜6種からのチョイスでのドルチェ。
サッパリと爽やかにイケました!!
美味しいですグッド(上向き矢印)

IMG_2367.JPG
【カフェ】


****************************************


いや〜本当に美味しいイタリアンでした。

まず特筆すべきはその素材選びですね眼鏡
ほとんどすべてが走りの旬のもので構成されているメニュー。
そしてそれを思いがけない組み合わせでマリアージュさせる。
秀でたセンスと腕があってのなせる業です。

そして、ボリュームも超〜満点でした爆弾
全メニュー、通常のこの手の店の1.3倍はあるという感じ。
食いしん坊とグルメさん、両方を満足させる圧巻のコースでした!!!!!!!!

IMG_2363.JPG

サービスは終始キビキビした軽やかな振る舞い。
同一の女性がすべて運ぶところから説明まで。
熱意が伝わってくるし、なにより丁寧ムード
素晴らしいと思いました。

また、びっくりしたのは、コースなのにコースでないというトコロです。
これはどういうことかと言いますと、何でも要望・リクエストに答えますよ、というコトひらめき
「牛でも、鴨でも、羊でも、シェフに聞いて、その日ある素材の中からならなんでも作ります。」
こういうスタイルって素敵ですし、なかなかないですね。
結局、僕らはおまかせでお願いしましたが、細かな要望や調理法まで、答えてくれるそう。
素晴らしいですね!!!
是非、再訪した時は、なにかリクエストしてみたいと思いますわーい(嬉しい顔)

IMG_2368.JPG

帰るころにはすっかりと日も落ちて・・・・・・・
色気のある京都の夏の夜。
僕らはこれ以上に無い心地の良さをかみしめながら、夜の祇園へと消えていくのだった(嘘)
いや、マジですってあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
ホント〜にまっすぐお家に帰りましたってがく〜(落胆した顔)



●IL GHIOTTONE (イル・ギオットーネ)●
京都府京都市東山区下河原通塔の前下ル八坂上町388-1
075-532-2550 火曜日定休 (水曜 月により休みあり・要確認)
12:00〜14:30(L.O) 18:00〜21:30(L.O)
http://www.ilghiottone.com/home.html





↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 18:48| Comment(2) | TrackBack(1) |    京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

京都府京都市東山区東大路通松原上ル 豆水楼 【豆腐料理・日本料理】

京都で食べた、“お豆腐料理”の紹介かわいい
やっぱ京都に来たからには湯葉かお豆腐食べたいね〜ってことで、今回お世話になったのは、、

“豆水楼”

09京都 042.jpg

ここ豆水楼は木屋町に本店を構える豆腐料理専門店。
自家製の豆腐をふんだんに使った懐石が楽しめますぴかぴか(新しい)
豆腐はもちろんのこと、料理一つ一つ、手が込んでいて、
四季折々の素材や、繊細な味の加減を感じることができますー(長音記号1)

木屋町本店には何回か行ったことがあるのですが、今回は初めてとなる“祇園店”バー
ココは、東大路通に面した築後130年を迎えようかという古い町屋をそのまま利用。
「祇園」「八坂神社」「高台寺」などの中心地にありながら、、、、、、
一歩店内に足を踏み入れると、外の喧騒が嘘のように静かで風情あふれる空間になっています時計
いい雰囲気ですね〜。

今回も昼の懐石のコースでお願いしましたわーい(嬉しい顔)


09京都 045.jpg
先付。
筍とはまぐり・ゼリーのせ。

09京都 047.jpg
お造り。
蛸・はまち・まぐろ。

09京都 046.jpg 09京都 051.jpg
そして名物・おぼろ豆腐
湯豆腐にしていただきました。
しっかりと大豆の味がしていて、食感はしっとり。
半年熟成させたというおダシはとっても美味しいぴかぴか(新しい)

09京都 049.jpg
焼き八寸。
酒粕のせの豆腐田楽・丸十公孫樹豆腐(いちょうどうふ)・チーズ豆腐など。
田楽はこれ、美味グッド(上向き矢印)
赤絵のお皿もとても綺麗ですね。

09京都 052.jpg
蒸物。
筍の桜餅包みかわいい

09京都 054.jpg
お豆腐のパン粉揚げ。
ほくほくと意外な食感ひらめき

09京都 055.jpg
ご飯は“鯛飯”でしたぴかぴか(新しい)

09京都 056.jpg 09京都 057.jpg
締めは桜のシャーベット揺れるハート


全体通じて“春爛漫”といった感じでしたね。
筍やはまぐり、桜、など季節を堪能できる素材がふんだんに使われており、
口へ運ぶたびに楽しくなってきましたるんるん
京都の風情ある町屋でこういった懐石を頂くのは、やっぱりいいものですね。
とても癒されました手(パー)
ありがとうございました。

09京都 058.jpg


●豆水楼 祇園店●
075-561-0035 不定休 11:30〜14:00、17:00〜21:30(土日祝は12:00〜20:30)
http://www.tousuiro.com/index.html


豆水楼 祇園店豆腐料理・湯葉料理 / 祇園四条駅清水五条駅河原町駅




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) |    京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする