2010年10月31日

富山県富山市太田口通り 西町大喜 【ラーメン】

ラオタが富山へ行ったら食べなきゃいけないご当地ラーメン「富山ブラック」。
近年ご当地グルメブームで、この名前を聞いたことがある人は多いでしょうレストラン
本格的な地元の店で、まだ一度も賞味したことはなかったので今回の富山の旅で訪問。
いくつかある富山ブラックの店でも正真正銘の元祖へ突撃です爆弾

西町大喜 本店

IMG_0874.JPG

創業が昭和22(1947)年という歴史あるチャーシュー麺専門店。
メニューは「中華そば」(小、大、特大)のみというシンプルさが潔い。
席もヴィンテージなカウンター席だけのレトロな雰囲気も魅力ぴかぴか(新しい)

IMG_0867.JPG

終戦後の半世紀以上も昔、創業当時、ドカ弁やおにぎりを持った労働者のために、
ここの店主高橋青幹氏は濃い味付けでチャーシューのたっぷり入った、
「よく噛んで」食べるおかずの中華そばを考案したのが始まりムード

・濃い口のしょうゆ味スープ
・硬めのストレート太麺
・塩辛いメンマ、厚切りの大入りチャーシュー、荒切りネギ、荒引き黒コショウ


独特の真っ黒なビジュアルが鮮烈な印象を残すラーメン。
じいちゃん、とうちゃん、孫、三代に渡ってここのファンだという客も多々いる程に、
地元民には愛され、富山の町に根付いているプレゼント

IMG_0882.JPG

IMG_0877.JPG

店内は観光客でごった返し、芸能人のサインらしき色紙も沢山。
だが、明らかに地元の人と思われる客も沢山いる。
ここはもう不動の人気店なのだ。

昭和の香り漂う左右に分かれるカウンターを眺めながら待たされること約15分手(パー)
いよいよボクらの番がきました!!

IMG_0885.JPG

凄い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
正直な第一印象。
噂通り、名前の通り、真っ黒です(笑)

驚愕のヴィジュアルに一同戸惑いつつも、一口すすってみる。。。。キスマーク

IMG_0888.JPG

塩っ辛い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
コレ、正直な感想です。

スープも舌や頬粘膜がひりひりする程にしょっ辛いッスちっ(怒った顔)
でもって大量のチャ−シューやメンマも驚くほどしょっ辛い。
こう来たか(笑)
麺は太麺硬麺のもっちり系、美味しいひらめき

恐る恐る周りの声に耳を傾けると・・・・・・
「やっぱココのは癖になるわ〜」
「特大濃い口でっ」
「忘れたころに食べたくなってまた来ちゃうんだよ」
な〜んて前向きな声が大方を占めている耳

はは〜ん、ここはどうも我々にはまだ早過ぎたのか??
率直な意見としてビックリしました、というのが一番しっくりきますね。
旨みがどうこうとか出汁がどうのとかじゃなく、富山の富山ブラックここにあり!という、
圧倒的な存在感を感じさせられた一杯でしたわーい(嬉しい顔)
ハマればとことんハマりそうな非常に中毒性のあるラーメンのような印象でした!!
なにはともあれ、富山ブラック、体感できて良かったな〜。


●西町大喜 本店●
富山県富山市太田口通り1-1-7
076-423-3001 水曜休み 11:00〜19:45(LO)
http://r.tabelog.com/toyama/A1601/A160101/16000030/




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) |    富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

富山県富山市桜町 美喜鮨 【寿司】

富山旅行の時に立ち寄った寿司屋。
天然の生け簀とも称される富山湾ならではの食材にこだわり続けて50年時計
親子二代に渡り、富山の玄関口駅前にて切り盛りする。
昨年リニューアルしたというピカピカの店内で地魚を頂いてきましたビール

美喜鮨

IMG_0650.JPG

八尾の和紙があしらわれている落ち着いた雰囲気のカウンター。
白木一枚と言うんではなく独特な柄のタイルが埋め込まれており、いわゆる和モダンな感じ。

後ろの壁にはワイングラスがぶら下がっているのが見えるバー
チラッと見ただけだが、どうやら酒類は豊富なようだ。
ドライバーであったため断念せざるを得なかったが、富山の地酒をはじめ、
焼酎・芋麦各種、ワイン赤白多数、、、、、、、
キトキト富山湾の海の幸とボンマリアージュさせることが、
いかに悦楽に満ちた行為であることは容易に想像がつく揺れるハート

IMG_0653.JPG

寡黙な店主がひたすら黙々と握る。
質問をしてもハッキリとは返答が無く、一重に寿司を握り続けるモバQ
ここは一見さんには距離を置くスタイルなのか、はたまた根っからの職人なのか。
そんなことをアレコレ重い巡らせながら待つこと数分。
やっと我々の番グッド(上向き矢印)

いや〜〜富山に来たからには寿司食わずして何食うんですかあ〜〜〜〜?????
と頭の中で叫びながら、出てきた寿司を見て思わずニヤついてしまいましたわーい(嬉しい顔)


IMG_0661.JPG
【牡丹海老】
身が締まっているハートたち(複数ハート)
新鮮!

IMG_0663.JPG
【そい】
メバルやカサゴの亜種であるそい。
秋口から旬がスタートハートたち(複数ハート)

IMG_0664.JPG
【蒸鮑】
ホクホクで甘いハートたち(複数ハート)
蒸し方も上手。

IMG_0665.JPG
【白海老】
富山と言えば!!のコチラ。
富山湾以外ではほとんど獲れないので、絶対必須の逸品!
トロリとした食感はたまんないっすハートたち(複数ハート)

IMG_0666.JPG
【紅ズワイ】
こちらも走りのネタ。
これからザクザク獲れてきますからね〜北陸のズワイはハートたち(複数ハート)

IMG_0667.JPG
【バイ貝】
コレ美味しい!!
ボクが貝好きってことも差し引いて、文句なしに美味い!!
当たりハートたち(複数ハート)

IMG_0668.JPG
【雉子羽太】
よく言われるアズキマスというやつです。
鮮紅色でいいモノですね、コリャ。
関西では特に珍重され「夏のフグ」ともいわれるそうですハートたち(複数ハート)

IMG_0669.JPG
【平目】
コリコリです。
地物ハートたち(複数ハート)

IMG_0670.JPG
【黒造りの細巻き】
コレも富山にしかありません。
名産品のイカの黒造りを細巻きにして食べさせてくれる。
黒造りとはイカ墨を使った塩辛です。
濃厚で美味しいハートたち(複数ハート)

IMG_0671.JPG
【白貝】
これも珍しいです。
よくアオヤギと並んで考えられるんですが、アオヤギのような個性がなく、
一般には出回りにくいそう。
もちろん味はイイですハートたち(複数ハート)

IMG_0673.JPG
【ガンド】
コレがこの日の一番!!!!!!
寒ブリの冬にはチョイと早かったですが、日本一うまいと評されるブリの一歩手前。
ツバイソ → フクラギ → ガンド → ブリ
能登ではこんな順番ハートたち(複数ハート)
脂が適度にのって、クドさが全くなく美味しかったです。


暖流と寒流がぶつかりあう富山湾は何千種類もの魚が集まる好漁場プレゼント
富山の寿司屋ではバライティーに富んだネタに出逢えるのもそんな理由があるのだ。
実際にこの美喜鮨でも最高の地物ネタを存分に楽しめました。

数ある富山市内の寿司屋でも、コチラはお薦め。
駅からもほど近く、車でなくてもアクセス良好ひらめき
出張の方も、仕事の最後にチョイと贅沢に、そんな使い方もできそう。
そしてなんといっても老舗ならではの回転率ですね。
流行っているからこそのいいネタですからレストラン
次回はゆっくりとお酒と共に頂きたいな〜と思いました。


●美喜鮨●
富山県富山市桜町1-7-5
076-432-7201 水曜定休 11:30〜14:00 16:00〜23:00(L.O.22:00)
http://r.tabelog.com/toyama/A1601/A160101/16002285/


美喜鮨 本店寿司 / 富山駅前駅新富町駅地鉄ビル前駅





↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 21:06| Comment(5) | TrackBack(0) |    富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする