2013年05月13日

東京都港区赤坂 鮨 さいとう 【寿司】

ここ数年、平成23〜25年現在、名実共に日本一の鮨を出すと云われる此方。
ミシュラン三つ星、兼坂グループきっての出世頭、予約数カ月待ち、、、
人の好く話題には事欠かないのであるが、
その幾つものセンセーショナルな噂をも軽く凌駕する実力を垣間見るぴかぴか(新しい)
訳あって最高峰に躍り出たのだと実感させてくれる腕。

鮨 さいとう

IMG_5131.JPG

来年には移転が決まっているのだが、
今現在は溜池山王の米国大使館前にある。
周りには国会議事堂や外務省、虎の門病院など因果な処モータースポーツ
とてもわかりにくい場所にあって(古いビルの駐車場の中を入っていく感じ)、
こんなところに?という導入部分。
しかしあるのだ、兼坂の赤色の暖簾がキチンと掛かっている、、、、

カウンター7席しかない小さな店内。
だが檜の一枚板と大理石の壁面、壁を打ち抜いた重厚な金属製の冷蔵庫は素晴らしい。
真ん中に立つ職人から五角形状に広がる感じは相当ユニーク。
まるで劇場のようで面白いプレゼント
異様なと云ったら失礼か、所謂名店の緊張感というものが凛と張り詰める空間。
寡黙だが底抜けの明るさが滲み出る主人・齋藤考司氏は41歳。
キャリアは兼坂の前は久兵衛。
万全である。


IMG_5132.JPG
紫雲丹

IMG_5133.JPG
車海老


美味い。
シャリ、ネタ、山葵、煮切りetc、、、一体感が絶妙なのだ。
この上ない極上の一貫バー
塩・醤油はきりりと輪郭が際立つ。
うらはらに赤酢の風味の円やかさは際限なく広がる。
そこに選ばれし至高のネタ達が踊る。

これぞ日本の、江戸前の為せる技。
是非次代に残していきたい無形文化である揺れるハート
多言は無用である。
一度このさいとうの鮨を食べてみるとよい。
本物の江戸前の完成形がここにある。



●鮨さいとう●
東京都港区赤坂1-9-15 自転車会館1F
03-3589-4412 日祝休み 12:00〜14:00 17:00〜23:00
http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13015251/



さいとう寿司 / 溜池山王駅国会議事堂前駅虎ノ門駅






↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) |    東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、いつもより語ってますね♪。記憶に深く刻み込んでくれたみたいで、案内した僕も嬉しいです(^o^)。
恐らく江戸前正当鮨では日本一です。素晴らしく美味しい鮨を食べられることに大将へ感謝です。
Posted by 下がり藤 at 2013年05月14日 12:03
下がり藤さんコメントありがとうございます。

正統派江戸前、を地でいってらっしゃいますね。
素晴らしいと思います。
Posted by ビーチ at 2013年05月20日 20:51
お世話になります。
広告代理店をしております林と申します。

この度、弊社が提供していますブログ向け広告の
ご掲載の依頼をさせて頂きたくご連絡させていただきました。

初期費用、登録料など無料となっており、
お客様にかかる費用等は一切ございません。

現在、クライアント様から多くの予算をいただいており、
メディア様に高単価でお支払いをできる状況となっております。

※新規アカウント登録は↓こちらから
副業.net: http://go777.net/fukugyo/usr.php



無料登録案件につきましては、
商品購入や有料サービスの案件と比較して、
「お金を払うのはちょっと・・・でも無料なら試してみようかな?」
というユーザー様でもお申込みしやすいので、
とても成果が上がりやすい案件となっております。
この機会に是非ご登録して頂けると幸いです。


以上、取り急ぎ用件のみにて大変恐縮で御座いますが
何卒よろしくお願いいたします。


※新規アカウント登録は↓こちらから
副業.net: http://go777.net/fukugyo/usr.php


何かご不明な点がありましたら、
遠慮無くお問合せ頂けますと幸いです。


ご検討の程、何卒よろしくお願いいたします。
Posted by 広告掲載の依頼につきまして at 2013年07月14日 18:08
広告掲載の依頼につきましてさんコメントありがとうございます。

お疲れ様です。
Posted by ビーチ at 2013年07月23日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック