2013年02月07日

大阪府大阪市西区新町 Convivialite 【フランス料理】

大阪・辻調理専門学校で講師を務めてきたシェフ安尾秀明氏が、
満を持して2006年に四ツ橋にオープン家
その類稀なるテクニックと卓越したセンスで瞬く間にミシュラン星獲得。
層の厚い大阪フレンチ界でも、早くも揺るぎない圧倒的な存在感を示しています。

Convivialite コンヴィヴィアリテ

コンヴィヴぃ.JPG

Convivialité=会食の楽しみ。
共に飲み食いする楽しみ。
日本語では”一期一会”の意味にあたるそうです。

千利休の言葉を重ねたコンセプトなんだとか。
「茶の席で一番大事なことは、普段の茶会であっても、露地に入り、露地より出ずるまで。
一期一会の会と思い、亭主を畏敬することである。
亭主もまた凡客であっても名人と思い、心よりもてなすこと。
無常の世の人と人、同じ出会いは二度とないのだから」(山上宗二記)
・・・と、ありますひらめき

テーブルを囲むもの全て(お客様もお店のスタッフも)がこのひと時を大事に。
こうして出会っているこの時間は二度とは巡ってこないたった一度きりのもの。
だから、この一瞬を大切に思い、今、出来る最高のおもてなしをしましょう。
・・・と、オーナーシェフ・マダムは考えていらっしゃるようです揺れるハート

コンヴィヴぃ (1).JPG

店内は落ち着いたコンパクトな造りで4人掛けテーブル4卓程。
調度品も高級感あふれていながらもシンプルで嫌みは無い。
大人なシックな雰囲気いす

コンヴィヴぃ (2).JPG

今回はランチで10000円程

コンヴィヴぃ (3).JPG
アミューズ
フォアグラ入りムース様のスクランブルエッグ。
クロックムッシュがカリカリで美味しかった。

コンヴィヴぃ (4).JPG コンヴィヴぃ (5).JPG
前菜
鳥取紅ズワイガニと聖護院蕪は、ガラスの器で提供されます。
甘く旨みが沢山。

コンヴィヴぃ (6).JPG コンヴィヴぃ (7).JPG
前菜2
ブーダンノワールを安尾シェフが新しい解釈で考案した一品。
パテ風です。

コンヴィヴぃ (8).JPG
パン
手作りだそうです。
この他に名店「ル・シュクレクール」のバゲット。
魚料理に合わせた特製のあおさを練り込んだパン、などが出ました。

コンヴィヴぃ (9).JPG
バター
フランス・ノルマンディ地方「beurre d'isigny」の発酵バターです。
無塩と有塩の両方を供して下さいました。
エシレのバターや、シャラント・ポワトゥーの「レスキュール(Lescure)」
と並んで高品質で有名ですね。
有塩の方は、ブルターニュ地方の「グランドの塩」が使われているそうです。

コンヴィヴぃ (10).JPG コンヴィヴぃ (11).JPG コンヴィヴぃ (12).JPG
前菜3
黒トリュフと芽セロリの摺り流し。
カットされた黒トリュフと芽セロリも頂きました。
驚くほど美味しい。

コンヴィヴぃ (13).JPG コンヴィヴぃ (14).JPG
魚料理
青森真鱈のヴァプール、ブランダート仕立て。
白子が目一杯大きいです。

コンヴィヴぃ (15).JPG コンヴィヴぃ (16).JPG
肉料理
ビュルゴー家のシャラン鴨。
屠殺には主に窒息法が用いられてると。
最高級の素材をシンプルにローストしてあります。

コンヴィヴぃ (17).JPG
口直し
シャーベット、オレンジだったかな・・・

コンヴィヴぃ (18).JPG コンヴィヴぃ (19).JPG
デザート
栗のケーキ、モンブランとはちょっと違う。
デザートは4品から選べたと思います。

コンヴィヴぃ (20).JPG
小菓子
ワゴンにて取り放題。

コンヴィヴぃ (21).JPG
カフェ

文句のつけようのないがく〜(落胆した顔)
圧倒的に高品質な料理。
サーヴィスも完璧なおもてなし。
大阪のハイレベルさをまじまじと魅せつけられた会食となりました。


●Convivialite コンヴィヴィアリテ●
大阪府大阪市西区新町1-17-17
06-6532-4880 木曜定休 11:30〜14:00 18:00〜21:00(L.O)
http://www.convivialite.info/


コンヴィヴィアリテフレンチ / 西大橋駅四ツ橋駅心斎橋駅






↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) |    大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい店でしたね。少ない席数でも十分過ぎる給仕者と色々引き出しがある優秀なソムリエ。名古屋にはないお店でしたね。
大阪を含め関西にはレベルが高いレストランが沢山あります。又の機会に行きましょう。(^o^)/
Posted by 下がり藤 at 2013年02月07日 14:40
下がり藤さんコメントありがとうございます。

名古屋にはないハイレベルを堪能できました。
大阪は近いし、ぜひまた来たいお店です(^O^)/
Posted by ビーチ at 2013年03月12日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック