2011年12月15日

和歌山〜徳島を結ぶ南海フェリーの旅

少し前ですが、徳島を目指し旅に出ました手(パー)
神戸淡路鳴門自動車道経由で明石海峡大橋も定番だし良いのですが、
たまには違うルートもいいよねってことに・・・・・・・・・・・・・・
ということで今回はなんと、車ではなく、海上ルートで船
南海フェリーを利用して行ってきました!

ブログ和徳.JPG

南海フェリー

南海フェリー株式会社(なんかいフェリー、Nankai Ferry Co., Ltd.)は、日本の海運会社。
紀伊水道に和歌山港と徳島港を結ぶフェリーを運航しているひらめき
明石海峡大橋の開通以降、徒歩での利用客の多くは同橋経由の高速バスに移ったため、
神戸淡路鳴門自動車道経由では高額な通行料金が必要となる大型トラックや自家用車のほか、
四国から関西空港へ向かう利用者に焦点をあてた利用増に努めているそうパンチ

初めて利用しました。

ブログ和徳 (1).JPG

ブログ和徳 (2).JPG

車のままフェリーに乗り込み車(RV)

ブログ和徳 (3).JPG

ブログ和徳 (4).JPG

ブログ和徳 (5).JPG

甲板に出ると風が思いのほか強く、少し寒かったのですが、中は広く快適るんるん

ブログ和徳 (6).JPG

ブログ和徳 (7).JPG

ブログ和徳 (8).JPG

ブログ和徳 (9).JPG

徳島市のシンボル・眉山も見え、いよいよ徳島入り。
徳島市内にある多くの学校では校歌の歌詞に「眉山」が登場するそうです。
2007年にはここを舞台にした映画『眉山-びざん-』も公開されています映画
とくしま88景でもあります。

さて、我ら一行は徳島県のとある処へと向かいつつ・・・・・・
目的のポイントへの行程である佐那河内村にはこんな素敵な寄り道スポットもありました。
モチロン寄りましたよわーい(嬉しい顔)

ブログ和徳 (10).JPG

ブログ和徳 (11).JPG

ブログ和徳 (12).JPG

各料理店への注文受注、大型スーパーマーケットへの卸、贈り物向け などなどグッド(上向き矢印)
たわわに実った酢橘(すだち)が沢山!!
そう、徳島は佐那河内村、酢橘の名産地なのです。
出荷される前の酢橘を選り好みさせてもらい、梱包して頂き、お裾分けしてもらいました。

ブログ和徳 (13).JPG

ブログ和徳 (14).JPG

ブログ和徳 (15).JPG

立派な酢橘でしたでしょ揺れるハート
こんな徳島の醍醐味を満喫しつつ、旅路を急ぐ一行。
目的地はどこかな?
また続きは更新しますね、お楽しみに目




◆南海フェリー:http://www.nankai-ferry.co.jp/
◆眉山:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%89%E5%B1%B1_(%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E5%B8%82)
◆佐那河内村:http://www.vill.sanagochi.lg.jp/







↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) |    四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック