2011年12月01日

登山録その3 猿投山

古くからの山嶽信仰で知られた、樹種豊富な自然林が広がるの愛知の山るんるん
景行天皇が伊勢国へ赴く際に捨てた猿が、この山に籠もって住んだというのが山名の由来。
菊石、カエル石、屏風岩、お倉岩、御船石 etc........オモシロい巨石信仰もありiモード(枠付き)
三河高原の西端に位置し、愛知高原国定公園に含まれている。
山頂には、東海自然歩道が通っているクリスマス

猿投山  標高629m


猿投.JPG

猿投 (1).JPG

猿投 (2).JPG

猿投 (3).JPG

猿投 (4).JPG

猿投 (5).JPG

猿投 (6).JPG

猿投 (7).JPG

猿投 (8).JPG

猿投 (9).JPG

猿投 (10).JPG

猿投 (11).JPG


山麓には、大碓命が祭られている猿投神社がある手(パー)
登山口入り口にある参道から一気に駆け上がる。
マツ科のツガや常緑広葉樹、ツツジ科の低木が生い茂り気持ちいい!
往復5〜6時間コースと、意外と登り応えありむかっ(怒り)
登山というより「トレイルラン」かな、、、、、、、、
ここは夏場から秋口のハイシーズンに向けてのトレーニング場としてフル稼働しそうな予感!

1962年には、全日本空輸のビッカース バイカウント機が、
ふもとの国有林に墜落する事故も起こしている(全日空バイカウント機墜落事故)飛行機




◆猿投山:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%BF%E6%8A%95%E5%B1%B1




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 






posted by ビーチ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) |        自然・公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック