2011年11月27日

和歌山県和歌山市十二番丁 ○イ 【ラーメン】

和歌山ラーメン探訪記 その3

こちらも和歌山ラーメンを語る上でははずせないお店。
和歌山一の繁華街、通称「アロチ」の程近く夜
途中、風俗と思われるお店が数店舗、若い艶やかな女性が道の片隅で手招きをする。
そんな男の夜の遊びの後の〆の定番として選ぶ人も多いだろうハートたち(複数ハート)
歴史ある本店はそんな場所柄にあるのだが、今回は新しくできた支店の方を紹介します。

○イ  十二番丁店

和歌山 (186).JPG

「○イ本店」の営業時間は月曜〜金曜は19:00〜翌3:00、土曜は19:00〜翌4:00。
要するに夜でなきゃ食べられなかったのが、オフィス街でお昼でも食べられるようになった、
と言う情報を聞いたのは、最近のことであったひらめき
これならば地元民でない観光客の和歌山ラーメン食べ歩きにも対応しやすい時間帯。
昼はこちら、夜はまた違うところ、そんな使い方もできよう。
現在○イは本店とこの十二番丁店の2店舗だ。

店内に入ると小洒落たカフェのようなウッド調の内装で明るい。
女性一人でもこれならば入りやすそうな印象るんるん

和歌山 (187).JPG

右手にカウンター席が10席ほど手(パー)
左手には和歌山ラーメン屋特有の壁に向かって食べるカウンター席が同じく10席ほど。
真ん中には4人がけテーブル席が3つほどで12席ほど手(チョキ)
非常に余裕のある造りで待ち時間もこれならば少なそうで快適だ。

こちらではラーメンを普通に注文することにした・・・・・・・・・・・
そう、「普通のラーメン」 を。。。

和歌山 (188).JPG

和歌山 (189).JPG
【ラーメン】

見て下さい!!!!!!!!
このこんもりと盛られたネギの山!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
まるで丼の中は、さながらゴルフコースゴルフ
この下に、麺とスープと特製チャーシューが隠れているという算段。
これで普通のラーメンなんですがく〜(落胆した顔)
ちなみにネギは大盛りもできるし少なめや抜きもできます、大盛りにしてもお値段は無料。

全国から集まる麺ファンを虜にするのは、もちろん見た目だけではない。
なんといっても、甘味と香りが共存する緑宝ネギに負けないコクのあるスープが味の決め手。
井出系と思しき豚骨醤油であるが、一言でいえば甘みと旨みたっぷり凝縮、そんな感じですレストラン
店主いわく毎日平均10kgのネギの束が店を出入りするんだそう。
10時間以上かけて仕込むスープは、季節によって変わるネギの味を確かめながら調節。
麺の柔らかさとネギのシャキシャキ感のコントラストを味わった後、
拘りのスープを余すところなくすすれば、至高の幸福感を味わえること間違いないですプレゼント

多くの名店ひしめくご当地でも、独自の存在感を示す○イでした。



●○イ 十二番丁店●
和歌山県和歌山市十二番丁87 ル・シャトー十二番丁一階
073-425-6678 日曜定休 11:00〜17:00
http://r.tabelog.com/wakayama/A3001/A300101/30004387/



ラーメン○イ  十二番丁店ラーメン / 和歌山市駅







↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) |    和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック