2011年11月20日

東京都中央区銀座 資生堂パーラー 【洋食・喫茶店】

銀ブラの元祖であるぴかぴか(新しい)
日曜日には家族でお出かけして外食。
明治〜大正〜戦後〜高度成長期〜バブル期〜平成まで銀座の移り変わりを見守り続け、
大衆の胃袋と心を満たし続けてきたムード
ニッポンの古き良き思い出がよみがえってくる名店。
すべてはソーダ水から始まったのである。

資生堂パーラー 銀座本店

パーラー.JPG

西洋文明を一気に吸収しようとしていた明治5年、
資生堂は西洋式調剤薬局として誕生したプレゼント
明治30年には化粧品事業、
明治35年(1902年)には日本で初めてソーダ水を製造・販売する飲食事業を開始。

本店のある銀座8丁目は、当時出雲町と呼ばれていたペン
江戸時代、この区画の造成を出雲藩の大名が担当したことに由来。
8丁目と7丁目の間を花椿通りと呼ぶが、
これは資生堂が出雲にゆかりのある薮椿を通りに植えたことから。
椿は商標マークともなり、資生堂を象徴するものとなったのだそうひらめき

パーラー (1).JPG

初めソーダ水とアイスクリームを提供する「ソーダファウンテン」として営業開始するも、
徐々にライスカレーやチキンライスといった西洋料理も提供するようになる。
そして今につながるレストランという形に昭和初期の段階で完成するレストラン

資生堂ビルの1階には当時使用していたソーダ水製造機のレプリカを展示している。
創業者である福原有信氏が明治33年にパリ万博を視察した帰り道、
アメリカに立ち寄り、ドラッグストアの一角にあったソーダ水製造機を目にしたのがきっかけ。
ソーダ水製造機だけでなくグラスやストロー、スプーン、シロップに至るまで、
アメリカから取り寄せたのだそうですモータースポーツ

パーラー (2).JPG

パーラー (3).JPG

これが歴史百余年のソーダ水。

黄色レモン、橙色オレンジ、これらは定番。
赤色は限定のラズベリー。
バニラアイスクリームを乗せているので正確にはアイスクリームソーダ・1100円バー
レモンピール(僕の黄色のやつ)を砂糖漬けにしてシロップを作り炭酸で割っている。
濃厚で品のあるバニラアイス、シロップのほどよい甘さ、
そしてシュワッと弾ける爽快さがのどに懐かしい。
昔ながらの味である揺れるハート

銀座へ立ち寄ったら鮨も良いが、往時を偲びこの一杯で喉を潤すのもまた一興。
文豪の永井荷風も足繁く通い飲んでいたというレトロな一杯。
支店は全国各地にあるけれど、銀座本店でご賞味することを是非ともお薦めします手(チョキ)




●資生堂パーラー 銀座本店●
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル4F・5F
03-5537-6241 月曜定休 11:30〜21:30
http://parlour.shiseido.co.jp/index.html



資生堂パーラー 銀座本店欧風料理 / 新橋駅銀座駅東銀座駅








↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 21:00| Comment(3) | TrackBack(0) |    東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふん〜♪
ソーダの向こうの女の子が気になる…
Posted by END. at 2011年11月20日 22:54
END.さんコメントありがとうございます。

クリームソーダは基本的には女の子ウケいいみたいですね!
日々、実験と挑戦と失敗の毎日です〜(苦笑)
Posted by ビーチ at 2011年11月21日 20:24
あぽろと申します。
椿の缶が大好きです。
ソーダファウンテンの話題、
とてもステキです。
このようにステキな記事を記録
されるってカッコよいですね。
貴重な話題をありがとう存じます。
Posted by (・3・) at 2013年10月17日 07:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック