2011年10月03日

せともの祭

先月、「せともの祭」 へ行ってきました。
毎年楽しみにしている陶器市のひとつなのですが、今年はなんと節目の第80回記念!
天気は良かったですが、流石の、人・人・人!!!
そんな中、残暑に汗だくで掘り出し物を求め、の珍道中でした〜わーい(嬉しい顔)

瀬戸まつり.JPG

せともの祭は、昭和7年、磁祖加藤民吉翁の遺徳をたたえる産業祭として開催されました。
お祭り2日間は、数多くの行事が開催されます。
●若手陶芸家の売り出し場・瀬戸蔵企画パンチ
●花火打ち上げ。
●ミスせともの発表披露会揺れるハート
●瀬戸スカウト協議会鼓笛隊パレード、、、、、などなど。
なかでも 「せともの廉売市」 は全国津々浦々から数十万人の人出でにぎわい、
今日では全国最大の規模といわれています。

瀬戸まつり (1).JPG

瀬戸まつり (2).JPG

今年は大鉢を一つ、織部の皿を数枚、瑠璃色の瀬戸物器を数枚、、、、、、
けっこう満足いく戦利品を手にできましたよ!!
どれも最近の食卓で大活躍しています喫茶店

やっぱり器は重要です。
食はまずは器からバー
つくづくそう感じる今日この頃です。

瀬戸まつり (3).JPG

瀬戸まつり (4).JPG

瀬戸まつり (5).JPG

瀬戸まつり (6).JPG

瀬戸まつり (7).JPG

ひとしきり選定し、購入したあと、ちょっと寄り道。

深川神社

瀬戸まつり (8).JPG

奈良時代 771(宝亀2)年に朝廷・藤原氏縁の天津神(あまつかみ)をこの地に勧請し、
深川神社は創建されましたひらめき
本殿は、約180年前に諏訪の名工・立川和四郎が手がけたもので、
1999(平成11)年、瀬戸市有形文化財に指定されましたグッド(上向き矢印)

また、鎌倉時代に宋で陶法を学び伝承し、
瀬戸陶業の始祖といわれる加藤四郎左衛門景正(藤四郎)が奉納した、
国の重要文化財「狛犬」があります犬
神社境内にはその藤四郎をまつる陶彦社(すえひこしゃ)もあり、
毎年4月には藤四郎の遺徳を偲ぶ「陶祖祭」が行われます。

ローカルな歴史ある社殿。
こういうところ、最高に面白い!


瀬戸まつり (9).JPG

瀬戸まつり (10).JPG

お祭り情緒たっぷり。
昔ながらの風景が残っているお祭りのひとつ、せともの祭。
子供たちがとても楽しそうに遊んでいました。
来年もまたお邪魔しますねプレゼント

瀬戸まつり (11).JPG

瀬戸まつり (12).JPG

瀬戸まつり (13).JPG

瀬戸まつり (14).JPG



◆せともの祭:http://www.setocci.or.jp/setomonomatsuri/index.html







↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック