2011年09月19日

方広寺と豊国神社と耳塚と

京都東山。
豊臣に所縁のある史跡の数々。
八月の末にふらっと短時間でー(長音記号1)


IMG_7083.JPG

IMG_7085.JPG

方広寺

方広寺は天台宗山門派の寺で豊臣秀吉により建立雷
鐘は重要文化財に指定されており東大寺、知恩院のものと合わせ日本三大名鐘のひとつとされる。
この鐘に刻まれた 「国家安康」 「君臣豊楽」 の銘文(京都南禅寺の禅僧文英清韓の作)が、
徳川家康の家と康を分断し豊臣を君主とし、家康及び徳川家を冒瀆するものと看做され、
大坂の役による豊臣家滅亡を招いたとされるペン
そんな些細なことで・・・・・・・故意にではないと思うんですが〜、、、
考えれば考えるほど恐ろしいことです。


*****************************************


IMG_7094.JPG

IMG_7096.JPG

豊国神社

秀吉を祀る社ぴかぴか(新しい)
死去の翌年の1599年(慶長4年)、遺体が遺命により方広寺の近くの阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬され、
その麓に方広寺の鎮守社として廟所が建立されたのに始まる。
豊臣宗家が滅亡すると、徳川幕府により神号が廃され、没落バッド(下向き矢印)
明治時代、明治天皇により再興。
荘厳な雰囲気と朝市の和やかさがアンバランスで中々面白かったです。


*****************************************


IMG_7099.JPG

IMG_7102.JPG

耳塚

こちらは豊国神社門の目の前にあり、鼻塚とも呼ばれています耳
秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役1592年〜1598年)のうち、
慶長の役で戦功の証として討ち取った朝鮮・明国人の耳や鼻を、
削ぎ落とし持ち帰ったものを葬った塚。
要するに生首を持ち帰ると大変な嵩になってしまうため、そういうことになったんだとか。
・・・・・っていうか、2万人分の耳と鼻が埋められているって・・凄いですねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 



posted by ビーチ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) |    関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック