2011年07月17日

北区若葉通 くすのき 【天婦羅】

店主の楠忠師氏は日本料理を修業した末に、
天婦羅の素材のよさを引き出す技術に魅力を感じて転身ー(長音記号2)
若く、研究熱心、熱意に溢れる氏は38歳。
これからどんどん伸びていく可能性を秘めた注目の店バー
もしかしたらもう既に名古屋では一の天婦羅を出す店かもしれません。

天婦羅 くすのき

くすのき.JPG

15歳の時から料理の世界へ入り、30歳まで15年修業。
日本料理をみっちり続けて学んできたというむかっ(怒り)
途中某修業先で天婦羅部門の責任者を任され、それがきっかけで天婦羅へ。
これほどまでに素材を生かした容で勝負できるのは天婦羅だと気付いた、
と、嬉しそうに、パワフルに語ってくれましたプレゼント

くすのき (1).JPG

三河湾や伊勢湾や駿河湾の海の幸、岐阜や長野の山の幸、
名古屋周辺の地の利、“素材の宝庫” であることに気付き、
そのメリットを最大限に生かし、天婦羅で表現しようという揺れるハート

「素晴らしいですね〜なんでも揃ってしまいますからね。」
「三河湾産って築地でも今やブランドですから!」
「東京の元同僚達からはこの環境羨ましがられますもん!!」
聞いていて、本当に爽やかで気持ちのいいバイブスを持った大将である。

くすのき (2).JPG

日本料理も得意な店主、懐石と天婦羅のミックスのコースもあるそうだが、
折角のことなので天婦羅メインのコースでお願いしましたるんるん

通常は
 8400円: 先付、天婦羅8〜10品、天丼又は天茶
10500円: 先付、お造り、天婦羅8〜10品、天丼又は天茶、デザート

という形だそう。
この日は13000円くらいで同じような内容で、と注文。


くすのき (5).JPG
突き出し・冬瓜と鱧
この人の懐石料理も最後まで食べてみたくなるほど的を得た味付け。
塩味加減が絶妙。

くすのき (6).JPG
お造り・鱸の胴の部分
2日ほど寝かした?って言ってたっけ?
ねっとりと美味しい。

くすのき (7).JPG

ネタ見せ眼鏡
はああああぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
嬉しい溜息が思わず出る一瞬ですねムード
小僧さんが目の前まで持ってきてくれ説明してくれる。
豪華でバリエーション豊富。
楽しみこの上ないです!!!!!!

くすのき (3).JPG

くすのき (4).JPG

何も言わなければ塩が数種類出され、その塩のバリエーションで食べるというもの。
言えば天つゆも出してくれる。
聞いてみるとやっぱり、素材を感じやすいようになるべく塩をお薦めしているんだとかひらめき

ここからいよいよ天婦羅です。

くすのき (8).JPG
車海老
いわずもがな、です。
サイジングもベストな感じです。

くすのき (9).JPG
車海老頭  とうもろこし
まごち    鷹ヶ峰とうがらし

とうもろこしは噂通りこの日の野菜部門の一番で、甘味が物凄い。
まごちはいい意味で予想通りの味、こういうのを求めていました。
鷹ヶ峰とうがらしは香り高くジューシー、野菜のえぐ味が全く消えている。

くすのき (13).JPG
網走の雲丹
海苔に包んであってパリパリ&雲丹のとろけ様の相対極な食感。
美味い雲丹。

くすのき (14).JPG
めごち
まごちよりもあっさり。
どんどんイケちゃう、、、というより一口。

くすのき (15).JPG
壬生菜
水菜の自然交配でできたといわれる壬生菜。
爽やかで流れ的に考えられている。

くすのき (16).JPG
駿河湾の桜海老
こっれ本当に美味しいです、この日のベストです。
小さめのかき揚げの中には旨みが凝縮。

くすのき (17).JPG
きす     きすの骨
丸茄子   鱸の尾っぽの部分

きすは身は柔らかくホクホク、まったりとした味。
丸茄子は驚くほどに瑞々しさが残されている。
鱸は淡白で何の抵抗もなく美味しく頂ける。

くすのき (20).JPG
長良川の若鮎
はらわたの味もしっかりある。
新しい証拠。

くすのき (22).JPG
グリーンアスパラ
美味しいです。
今年上半期で一番印象的なグリーンアスパラの食べ方。

くすのき (23).JPG
大和蛤
七年物。
大葉に包んであるんですが、溢れ出まくる汁、、、、、圧巻。

くすのき (24).JPG
口直し・塩で〆たトマトと大根
さっぱり&酸っぱい。

くすのき (25).JPG

一応ココまでが、初めに伝えた予算での天婦羅コースの内容(飯とデザートはコースに入ります)。
追加はどうですか?の声に、ここまでの内容から間髪いれずに数品注文あせあせ(飛び散る汗)

くすのき (26).JPG
うずらの玉子
ホックホクです。
こういうネタを食べると、揚げ方の妙が際立ちます。

くすのき (27).JPG
あおりいか
柔らかいですね〜。
甘味も十分。

くすのき (28).JPG
天茶漬け
かき揚げも小さめでGOOD。
出汁もしっかりと調整してあり、最後まで好感度MAXで締めくくれました。

くすのき (29).JPG
天丼
同行者のもの。

くすのき (30).JPG


料理の内容はもう素晴らしいの一言ですぴかぴか(新しい)
名古屋の天婦羅ではもう随一といえます。
太白胡麻油で薄い衣、全く胃もたれ無しの食後手(チョキ)
腕は確か、抜群。

人柄がまたいい。
熱意に溢れ、向上心に満ち溢れています。
話をしていて嬉しくなるほどに仕事に打ち込んでいます。
38歳とこれから有望な楠氏。
是非とも応援したい店ですねパンチ




●くすのき●
愛知県名古屋市北区若葉通3-16-1 大脇ビル1F
052-911-6181 日曜・第2水曜 17:30〜23:00(L.O.21:30)
http://www.kusunoki.in/



天婦羅くすのき 天ぷら / 平安通駅志賀本通駅森下駅







↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) |    名古屋市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック