2011年06月07日

あさばの食事

修善寺温泉の “旅館あさば” の食事です。
京都の某料亭で修業を終え、その後あさば一筋の料理長による珠玉料理の数々。
厳選に厳選を重ねた素材選び、それを生かしきる卓越した調理の腕バー
美しい器に彩られる品々は溜息が出るばかり。
能書きは必要ありません。
最高峰ですぴかぴか(新しい)


〜夕食〜

IMG_5091.JPG

IMG_5093.JPG
【空豆すり流し】
所謂旬の冷製スープ。
丁寧に擦り下ろされている。

IMG_5096.JPG
【竹の子茶のり揚げ】
揚げられたのりの食感と竹の子のしんなりした食感との対比が面白い。
そして、海の香りと山の香り。

IMG_5097.JPG IMG_5100.JPG
【薫風盛肴】
アップされた写真は鯛のにこごり。
サーモン卵、剥き海老、稚鮎、グリーンアスパラ&ホワイトアスパラ、小茄子、軍鶏の蒸し煮。
八寸ということだが、バランス感覚が絶妙。

IMG_5101.JPG IMG_5102.JPG IMG_5103.JPG IMG_5105.JPG
【田芹・太刀魚の吸鍋】
あさば名物。
最高の味加減、卒倒しました。
これ以上コメント不可です!

IMG_5106.JPG
【鯛・赤いかの造り】
寝かし加減が巧い。
ゴテゴテせず、シンプルで少量なのも嬉しい限りです。

IMG_5108.JPG
【鱒木の芽焼】
焼きの入れ方からこの料理人の素晴らしさが伝わります。
木の芽のアクセントが効果抜群。

IMG_5110.JPG IMG_5113.JPG
【蛤・蕗の生姜酢】
蕗の中に隠れているのは、超大粒の大和蛤。
薄味で出汁の輪郭がはっきりしています。

IMG_5114.JPG IMG_5115.JPG
【伊勢えび唐揚】
あさば名物。
一匹を丸々揚げた、大胆かつ贅沢な逸品。
大ぶりの伊勢えびであるが決して大味でなく繊細な味わい。

IMG_5117.JPG
【穴子黒米ずし】
あさば名物。
修善寺特産の日本古来の黒米を駿河湾産の天然の穴子をくるんだ握り寿司。
ひたすら滑らかで甘い。

IMG_5119.JPG IMG_5121.JPG
【新じゃが万頭】
ほろりと口内でとろける。
大地と太陽のうまみが広がる。

IMG_5123.JPG
【新玉葱・水茄子・黒豚煮】
ここにきて炊き合わせとして登場。
分量が適量で〆として申し分ない。

IMG_5125.JPG IMG_5126.JPG IMG_5127.JPG
【鯵ちらし御飯】
見ての通り、素晴らしい御飯。
意表を突きつつ、全くはずさない。

IMG_5128.JPG
【ブラマンジェ】
デザートは三種から選ぶ。
僕はブラマンジェ。

IMG_5130.JPG
【葛きり】
相方の葛きり。
黒蜜を舐めさせてもらったが、上品。

IMG_5131.JPG
【蓬・グランマニエのアイスクリーム】
こちらもあさば名物。
季節のアイスクリーム。
もちろん自家製で、素材感溢れる爽やかな仕上がり。



〜朝食〜

IMG_5172.JPG

IMG_5169.JPG IMG_5170.JPG IMG_5178.JPG
【椎茸の七輪焼】
あさば名物。
地元伊豆で採れる椎茸。
肉厚でジューシーで驚きます!

IMG_5176.JPG
【山東菜胡麻和え】
さっぱりしていて目覚めに良いです。
胡麻もくどさは全くない。

IMG_5177.JPG
【山葵漬け】
地元の山葵を使用。
しゃきしゃきの食感も残っていて御飯が進む。

IMG_5184.JPG
【出汁巻き玉子】
熱いうちに食べて頂くのが一番おいしいので、お先にどうぞ、と。
こんなに美味しい出汁巻きがあったのか。 

IMG_5185.JPG
【ごその干物】
ごそ、とは深海魚だそうだ。
伊豆でよく採れるそうで、珍重される、という評判通りの味。

IMG_5188.JPG
【生麩田楽】
朝食で田楽って意外に珍しいかも。
香りと食感が極上。

IMG_5189.JPG
【朝採れ竹の子と若芽】
素材の良さが目立つ、際立つ。
爽やかな逸品。

IMG_5181.JPG IMG_5183.JPG
【白飯とシジミの味噌汁】
何のひねりもないし、何の特別もない。
だが我々がこれを求めているということを、あさばは知っている。

IMG_5187.JPG

IMG_5191.JPG
【西瓜と蜜柑】
いうまでもなくいいもの。
西瓜は今季初ものだったかも。

IMG_5192.JPG
【餅の入っていないぜんざい】
食事の終わった後でも食べられるように、と、餅を入れないぜんざい。
これで口の中が整いました。



季節と産地に拘りぬき、丁寧に調理されているのがわかる。
目を瞑り、ゆっくりと味わいながら、あさばの食事を堪能するプレゼント
これ以上の旅館料理は無い、、、、
日本料理の神髄を突いている、、、、
口から始まり頭の中、そして胃の中を幸福感で満たしてくれる食事ムード
言わずもがな、最高峰の食事であった。





↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) |    東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック