2011年04月25日

龍安寺と平安神宮の枝垂れ桜

10日ほど前のお話ですがかわいい
京都に枝垂れ桜を見に行って参りました。
龍安寺と平安神宮。
指向の違う二つの社寺、それぞれがとても趣深く、まことに素敵でしたのでお写真でもカメラ


IMG_4599.JPG
有名な龍安寺の方丈庭園。
枯山水である。

IMG_4602.JPG
別角度から。
秀逸なミニマルの美、、、、、すばらしい。

IMG_4616.JPG
外から眺める石庭。

IMG_4615.JPG
知足の蹲踞(つくばい)茶室蔵六庵の露地にある。
蹲踞とは茶室に入る前に手や口を清めるための手水を張っておく石のこと。

IMG_4613.JPG
質素だが開放的で爽やか。

IMG_4584.JPG
全景を回るのは一苦労する程広い。

IMG_4627.JPG
鏡容池庭園。

IMG_4625.JPG
シダレザクラ。


龍安寺(りょうあんじ)は、京都府京都市右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院。
石庭で知られるクリスマス
山号を大雲山と称する。
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承である。
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。


◆龍安寺:http://www.ryoanji.jp/


*****************************************


IMG_4674.JPG
應天門。
大きく赤く光る朱色が特徴的。

IMG_4680.JPG
真下へ行くとその大きさにいつも驚かされる。

IMG_4682.JPG
この日は最高の快晴でした。

IMG_4686.JPG
白虎楼。
あまりにあったかいのでチョイ涼む人々。

IMG_4690.JPG
大極殿より外を望む。

IMG_4692.JPG
枝垂れが蒼龍楼より垂れる。


平安神宮のご社殿は、桓武天皇が開かれた当時の平安京の正庁、
朝堂院が8分の5の規模で再現されているひらめき
ここを訪れたひとは、今から1200年前、京都が生まれたばかりの風景をさながらに体感し、
大宮人の気持ちを彷彿とすることができるのである。


◆平安神宮:http://www.heianjingu.or.jp/




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) |    関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんばんは。京都の桜は綺麗でしたね。週末は浜松へ餃子を食べに行きました。3軒ほどハシゴしてきました。石松、むつぎく、福みつの3軒ですが、それぞれ特徴があり面白かったです。他にソラメンツゥーノとオステリアリュウというイタリア料理店にもここ最近行きました。個人的にはオステリアリュウの方が僕の好みの味でした。また会った時に詳しく話します。
Posted by 下がり藤 at 2011年04月26日 23:16
下がり藤さんコメントありがとうございます。

こんばんは〜
リュウいかれましたか!また詳細聞きたいです〜

浜松餃子、定番どころのお店ですね。
浜松餃子文化は勿論浜松市内に沢山お店はありますが、
どうも浜松近隣の街にも美味しいお店があるんだとか・・・
袋井とか、磐田とか、、
Posted by ビーチ at 2011年04月26日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック