2011年03月22日

三重県桑名市多度町下野代 大和 【郷土料理・自然食】

春は山野草、夏はハマグリ、秋は自然薯、冬は猪。
豊かな多度の自然が育む、四季折々の旬の食材を惜しげもなく使った郷土料理を提供しくれますぴかぴか(新しい)
のどかな田んぼや畑が広がる田舎の風景の中、突如現れる大きな建屋。
質素ながら非常に広い敷地で落ち着いた雰囲気を醸し出す空間でありました家

大和 (だいわ)

IMG_4248.JPG

元来、地元で長く続いた鯉料理のお店だったそうですが、現在の女将さんの代になってから、
季節ごとその時々に地元で採れるフレッシュな旬材で料理するようになったんだとかレストラン
春から始まり山菜、蛤、鰻、自然薯、猪鍋、とどれも魅力的な響き。
年中、川と山の恵みを存分に楽しむことができる、といった指向。

どのコースも完全予約制。
前日までに予約をしておいて、新しい食材を用意してもらうのだ。

IMG_4255.JPG

建物は一目で最近に建てられた新しいものであることが解るひらめき
聞いてみると5年前に建て替えたと言うことでありました。
木材を贅沢に使い、温かみある部屋だなという印象を受けましたかわいい

IMG_4256.JPG

大きい広間にいくつものテーブルがあり、大人数でも対応できる規模。
窓からはお庭を望むことができ、なかなか快適です。
個室もあり仲居さんが対応してくれもするグッド(上向き矢印)
今回は予約時に個室開いていたので、そちらでお願いしてみました。

IMG_4253.JPG

今回訪れた3月中旬位置情報
まさに山の摘み草がいまにも最盛期を迎えようという時期である。
当然、山菜のコース料理で即決、お願いしました。


IMG_4257.JPG
【筍の味噌和えと焼き空豆】
筍、味が濃い!!
しっかりと朝採れの物を使ってる。
空豆も大粒で味がハッキリしている。

IMG_4262.JPG
【クレソンとさくらポークのしゃぶしゃぶ】
椎茸の出汁でクレソンと豚肉をしゃぶしゃぶするんですが、これがむちゃくちゃ美味い。
何が?って、そう、、、、豚肉もさることながら、とにかくクレソン!!!!!!!
クレソンってこんなに美味いものだと思ったのはここのを食べて初めて思いました。
独特の苦みと香りが最高。
モチロン地元で採れたてのクレソンだそうです。

IMG_4263.JPG IMG_4267.JPG
【山菜盛り合わせ】
手前の味噌から時計回りに。
こごみ、土筆、筍、せり、すいば、たんぽぽの葉、ぎぼし。
コチラが名物の地元の山菜の盛り合わせ。
いくつかの種類を混ぜて、ご飯に乗せて食べてみて、とのこと。
やってみたが、コレ美味しい〜〜〜〜!!!!!!!

IMG_4268.JPG
【山菜の天麩羅】
右端の細長〜いものから時計回りに。
のびる、蕗のとう、筍、菊芋、椿の花、ヨモギ、あしたばの新葉。
コチラも定番の山菜天麩羅。
菊芋がシャキシャキで歯ごたえ十分で印象的でした。

IMG_4272.JPG
【自家製カボスのゼリー】
寒天をたっぷりと使い弾力に富む。
カボスの香りが一気に口内に充満します。
いいですね〜。


どの山菜も山で摘んだばかりであることが容易に解る程しゃんとしていた。
そう、どれもこれも全部が新鮮でジューシーなのである揺れるハート
多度の豊かな山の恵みに与る。
大地の味をしっかりと噛みしめる。
本当に美味しい。

山菜は言ってみれば野草である。
だが、どんなに贅を極めた食材を使おうが、これほど幸せな気分になれることってそうそう無い。
それはやはり地元で採れる物を、地元の人が採って、地元の人が調理してくれるからなのだろうプレゼント
確かにこの山菜も、この地域の御老人十人位の方が摘んできたものなんだそう。
こういう物こそ郷土に根付く食文化と言えるのでしょうね。

今回は山菜を堪能しましたが、また違う季節に再訪したいと思える処でした手(チョキ)
それに名古屋から結構近いしね!

IMG_4280.JPG



●大和 だいわ●
三重県桑名市多度町下野代712
0594-48-3751 水曜日休み 11:00〜21:00
http://r.tabelog.com/mie/A2402/A240203/24001124/



大和 郷土料理 / 下野代駅







↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) |    三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クレソンは何年か前に湯布院の玉の湯でクレソンと鴨の醤油ベースの鍋を食してから、我が家の食卓にも鍋物やお浸しにして出るようになりました。名古屋でもちょっといいスーパーには売ってますね。大分県ではかなりの頻度でクレソンを食べた気がします。玉の湯では「命のスープ」なんてちょっと大げさな名前のクレソンのポタージュスープが朝食の名物になってます。
Posted by 下がり藤 at 2011年03月23日 23:51
下がり藤さんコメントありがとうございます。

クレソンって言うと所謂「ステーキ」の添え物のイメージだったんですけど、
鍋にするのって美味しいものですね。
玉の湯、いいですね〜☆
Posted by ビーチ at 2011年03月24日 20:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック