2011年03月06日

酸ケ湯温泉

酸ケ湯温泉を訪問。
標高925mに位置する青森の名湯であるいい気分(温泉)
八甲田連峰の主峰・大岳の頂上まで約4km。
辺りはブナの緑に包まれて、爽やかな風が渡るクリスマス

IMG_1163.JPG

宿のリーフレットには、「国民温泉 酸ヶ湯」と記されているひらめき
大袈裟な感じだなと思うが、昭和29年に全国の温泉のモデルケースとして、
国民保養温泉の第1号に指定を受けた所以からきているようだ。
湯の歴史も古く、三百年の歴史を持ち、江戸時代から湯治宿として栄えていたそうだ。

IMG_1164.JPG IMG_1165.JPG

玄関や共有スペースのロビーは非常に素朴な雰囲気。
いわゆる温泉地につきものの都会の色気はなく、昔ながらの清純な風情を残しているプレゼント
笠と蓑がいい味を出し、その横に鎮座する狼やカモシカの剥製がなんとも言えない演出をする。
さすが湯治宿といった趣ぴかぴか(新しい)

風光明眉な山の一軒家宿酸ヶ湯。
ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと行ってみたかった温泉宿。

IMG_1166.JPG IMG_1167.JPG IMG_1169.JPG IMG_1180.JPG

ここ酸ケ湯と言えば、なんといっても、このお風呂だ。

総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」
写真でも実物でもどちらでもよいが、初めて見る者は誰もが驚きます。
なんと160畳!!!!ものすんごおくどでか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い浴室には、
熱の湯、冷の湯、四分六分の湯、湯滝など5つの浴槽がありますパンチ
まさに圧巻です。

泉質も酸性硫黄泉(含石膏、酸性硫化水素泉)と、この愛知県周辺の近場の温泉らとは一線を画す。
非常に強い硫黄臭むかっ(怒り)
完全なる乳白色、当たり前だが、どこぞの何がしと違って人の手を加えたものではない。
源泉100%掛け流し。
舐めてみるとかなり酸っぱい、まるでレモンのような味雷
湯に浸かっているとみるみるうちに体が温まってポカポカと火照ってくる。
すごい効能。

IMG_1187.JPG IMG_1188.JPG IMG_1196.JPG IMG_1197.JPG

千人風呂内部は写真撮影禁止なので、下の画像はネット上での拾いものを使わせてもらいました。

69407_m.jpg

広い浴槽に浸かり天井を眺めていると、なにか幻を見ているかのような気分になってきます。
特に夜に湯気がもうもうと立ち込める雰囲気はもう桃源郷ムード
もう今では失われた混浴の湯治場の趣を色濃く残す温泉。
ここも守っていかなくてはならない日本の原風景の一つと言えます。
本当に本当に本当にいい湯でした。


*****************************************


朝食もシンプルレストラン
郷土料理のビュッフェ形式。

IMG_1238.JPG IMG_1239.JPG

ふき味噌やなめこの佃煮など、心温まる地元のおばちゃんの手作りご飯の友。
美味しく戴けましたわーい(嬉しい顔)

リンゴジュースも勿論抜群!!

IMG_1241.JPG


*****************************************


男女別の小浴場「玉の湯」もあります手(パー)
小浴場といっても普通の温泉宿にある浴槽よりも大きい。
混浴が苦手な人もこちらに浸かることができます。

IMG_1248.JPG IMG_1249.JPG IMG_1250.JPG


酸ケ湯温泉、日常を忘れ、ゆったりとした時間を過ごすことができました。
心が洗われるような思いでした。
また、そのうちにフラッと行きたいです飛行機



◆酸ケ湯温泉:http://www.sukayu.jp/





↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) |    東北・北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おお!ここに行って半年くらいですかね?今現在、酸ヶ湯付近は2〜3メートルの雪で埋もれているらしいですよ。東海地方にはここのような純粋に温泉を楽しむような泉質がいい所がないので貴重な体験でした。
 話は変わり、昨日は朝食を寺町通の「進々堂寺町店」で、ランチに祇園の「山玄茶」へ、ディナーは本町の「カランドリエ」に行きました。写真を撮ってきましたので、またお見せします。
Posted by 下がり藤 at 2011年03月06日 10:26
下がり藤さんコメントありがとうございます。

東北の湯治宿の文化は、いわゆる「温泉旅館」とは全く趣が違いますよね。
泉質も本格的で、東海地方ではまず体験できないレベルでした。
また、機会があれば山形・岩手・秋田辺りの湯治宿に泊まりたいです。

カランドリエのお写真楽しみにしております。
Posted by ビーチ at 2011年03月07日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック