2010年11月16日

東北新幹線延伸記念・青森まるかじりの旅

2010年12月4日、東京〜新青森間に新幹線が開業しますよね新幹線
1日15往復で、最速で東京青森間を3時間20分とか。
いや〜これで本当に列島を一本に繋ぎましたね!
日本が誇る世界一正確なダイヤで走る列車である新幹線、あっぱれですわーい(嬉しい顔)

IMG_1026.JPG

・・・・・・・ということで東北新幹線延伸記念・青森まるかじりの旅へ行って参りました。
新開業を控える青森はどんなものか、10月の中旬にちょっくら偵察サーチ(調べる)
ただしまだ新幹線は無いので日本航空を利用して行ってきたんですがね(笑)

各主要スポットや温泉、グルメなど、今回も沢山堪能してきましたよ〜手(チョキ)
とりあえずの恒例時系列ダイジェストでお送りします。


*****************************************


青森市といえばアートって知ってました?
地域と風土に密着した芸術が豊かで、郷土の作家が作品を数多く残しているんですアート
コンテンポラリーの奈良美智氏や、デザイナーで彫刻家の成田享氏も青森出身。
寺山修司もそうですね!
実は隠れた(隠れてないか)芸術の都なんですバースデー
そこで僕らが限られた時間の中でチョイスした所は・・・・・・・・

棟方志功記念館
IMG_0993.JPG

ねぶたなど青森の風物を愛した日本のゴッホですひらめき
少年時代にゴッホのヒマワリに影響を受けてその活動を開始したのは実話なんだそう。
IMG_0995.JPG

代表作の『釈迦十大弟子』も拝めますぴかぴか(新しい)
IMG_1003.JPG

独特のリズム(身体の揺らしかた)と鼻歌で描き上げる姿は、孤高の存在。
遠い陸奥の地で、本当に力強い版画作品に出逢いました揺れるハート
IMG_1001.JPG


◆棟方志功記念館:http://munakatashiko-museum.jp/


*****************************************


青森市ってJRの駅を出てから南っ側、市場がず〜っと軒を連ねているんです手(パー)
県庁所在地ながら、北は陸奥湾に面するという独特の立地。
面白い街でするんるん
当然行きましたよ。

青森魚菜センター
IMG_1014.JPG

のっけ丼と言われる面白いご当地丼もありレストラン
要するにはどんぶりご飯にお好きな新鮮魚介具材をのっけて食べる究極の丼ってわけです!
IMG_1020.JPG

たらこだけでもこんなに種類豊富。
IMG_1017.JPG

真たらはやっぱ青森〜北海道が本場むかっ(怒り)
青森のじゃっぱ汁もこれ使ってます!!
IMG_1018.JPG

タコも尋常じゃなく大きく新しそうだったので、思わずパシャ!
・・・・って、明らかに東海地方の市場とは様子が180度違うわ〜がく〜(落胆した顔)
面白い!!!!!!!!!!
市場内に芸能人訪問記念写真がありましたが、ジローラモも参戦した模様。。。。。
こりゃチョイ悪もネーちゃんに悪さすんのも忘れて、お魚に夢中になりますとも失恋
IMG_1023.JPG


◆青森魚菜センター:http://www.aomori-ichiba.com/


*****************************************


青森と言えばこの人も忘れてはいけません。
『生まれて、すみません』と言ったあの人ペン
青森市からは少しだけ離れた金木町の富豪の家に生まれた本名・津島修治。
彼が、青森中学進学までの13歳までを過ごした生家がこれなんです家

太宰治記念館・斜陽館
IMG_1066.JPG

ほんと、ため息が漏れるほどに馬鹿デカく立派。
「ひどく大きい家」 「風情も何もない」 と後に本人は評したんだとかあせあせ(飛び散る汗)
IMG_1072.JPG

土間や台所、日用品なんかも展示されており、結構楽しめます。
IMG_1075.JPG

大学時代より自殺未遂、心中未遂を繰り返し、
1948年(昭和23年)玉川上水にて山崎富栄と共に、入水自殺を完遂したー(長音記号1)
境界性人格障害だったとか、ネガティブな面も多く語られる太宰。
だが、数え切れない名作を残しているというのも、これまた事実。
IMG_1070.JPG

この人も青森が生んだ天才の一人ですねプレゼント
IMG_1089.JPG

IMG_1091.JPG


◆太宰治記念館・斜陽館:http://www.goshogawara.net.pref.aomori.jp/16_kanko/dazai/syayoukan.html


*****************************************


所変わって、弘前です。
シンメトリーでミニマルな天守閣が城マニア魂をくすぐると言われる弘前城。
津軽百万石の城下町を率いた城、立派でしたよ。
桜の名所でもあるので、今度はその季節にでもまた来たいと思わせるいいスポットでした飛行機

重厚な城門。
IMG_1098.JPG

景観を保つためか、ごみ箱が設置されていない。
というか、ごみ一つさえも落ちていないクリスマス
スゴイ、地球にやさしい(笑)
IMG_1105.JPG

コンパクトさは間近で見ると尚目立つ。
だが、これだけ綺麗に見えるのは、やはり三重になった濠の見事さからくるものかな?
とにかく画になる城でしたカメラ
IMG_1108.JPG


◆弘前城:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%98%E5%89%8D%E5%9F%8E


*****************************************


紅葉も一足先取りかわいい
この時は10月中旬ですから、名古屋周辺のことを考えるとかなり早い。
自然豊かで温泉も点在する八甲田山にて紅葉狩りです。

八甲田ロープウェーに乗って一気に山頂へ。
IMG_1285.JPG

この混雑っぷりでしたが、残念ながら山頂はピーク過ぎ。
ってか、このゴンドラ、101人乗りらしいです!!!
すげえちっ(怒った顔)
IMG_1274.JPG

で、結局色がよく変わっていたのは山麓付近。
ブナ、ナラ、カエデが赤や黄色に色づき、最高の雰囲気でしたよ。
IMG_1299.JPG

泊った温泉地もこの近く。
美しすぎる光景ムード
IMG_1270.JPG

後半、天気が怪しくなってきて、こんなドン曇りに。
これはこれで、違う趣で楽しめましたグッド(上向き矢印)
IMG_1311.JPG


◆八甲田ロープウェー:http://www.hakkoda-ropeway.jp/


*****************************************


旅の最後はこれハートたち(複数ハート)
コレをやらなきゃ帰れない!!ってことで。

ちょうどシーズンでしたね。
IMG_1364.JPG

真っ赤。
IMG_1369.JPG

蜜、たっぷり、まるかじり、美味。
IMG_1375.JPG

お家にお土産。
IMG_1383.JPG

帰宅。
IMG_0976.JPG


◆青森りんご:http://www.aomori-ringo.or.jp/


*****************************************


遠い遠い青森でしたが、魅力はたっぷりでした。
結局、白神山地も奥入瀬渓流も八戸も恐山もまだ行っておりません。
ねぶた祭りもあります。
今回だけでは回りきれないくらいに見どころ満載位置情報
また、近々にでも来たいところですね!!

また、極上の魚介やバリエーション豊富な郷土料理。
風情のある温泉地いい気分(温泉)
こんな快楽系スポットも、ほんと沢山。
いやはや、こりゃ冗談抜きに要チェックですわ〜、青森。




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 




posted by ビーチ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) |    東北・北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック