2010年10月13日

三朝温泉・旅館大橋

夏に行った鳥取の旅で宿泊した温泉旅館の紹介です。
ネタが溜まりまくっていて、こんなタイミングですいません(笑)

今回訪れたのは鳥取県の中西部に位置する三朝温泉いい気分(温泉)
その温泉街の中でも最も由緒正しき正統派旅館であるこちら。
木造三階建ての建屋は風情に溢れ、国の有形文化財にも指定されている程いす
これぞ、「The 旅館」といった感じです。

三朝温泉・旅館大橋

IMG_2852.JPG

純和風の建築は、当時の当主が「日本建築として最高のモノを」という一念で、
昭和7年に建てられた伝統ある旅館。
なるほど木のぬくもりに溢れ、いかにもという雰囲気ぴかぴか(新しい)

早速番頭さんがお出迎え、女将さんにも凛とした緊張感ある挨拶をしていただきました。
待ってましたよ〜待ってましたよ〜こういうのがいいんです!
しっかりしたニッポンの宿文化、息づいております揺れるハート

IMG_2854.JPG

IMG_2857.JPG

八百余年の歴史を持ち、世界でもトップのラジウム含有量を誇る名湯で知られる三朝温泉。
三朝という名前は、「三晩泊まって三回朝を迎えると、病が治る」と言われたことに由来。
特にボクは病気は無いですが、普段の凝り固まったものを癒す意味でも、
こりゃマジで期待感満点ですわひらめき

とりあえず館内の趣ある玄関や廊下に感動しつつ、お部屋に通してもらう。
ここは仲居さんが一組につき一人、付きっきりでお世話してくれます。
驚くほどに礼儀作法がなっていて、関心というよりは脱帽でしたがく〜(落胆した顔)

IMG_2817.JPG

広々とした「南天の間」と言われる文化財客室に宿泊。
傘天井は圧巻!!!!!
今では手に入らない数と太さの南天の木をふんだんに使用していますクリスマス

窓からは三徳川を望み、景観は抜群ですね。
うんうん、これはいい部屋ですわ手(チョキ)

IMG_2819.JPG

IMG_2824.JPG

IMG_2825.JPG


*****************************************


で、で、早速の温泉。
さっきも書きましたが、ココの目玉は、「世界屈指のラジウム泉&トリウム泉」

含弱放射能泉-ナトリウム-塩化物泉で、一般適応症は勿論、
免疫力上昇などにも効果があると言われておるようでパンチ
最近では温泉の蒸気を吸う事により微量なラジウムの放射線が、
細胞を活性化させる事がわかってきています。
これをホルミシス効果と言うそうです耳

な、なんだか、凄そう・・・・・・・
ハッキリ言って詳しいことはわかりませんが、アンチエイジング効果があるらしいんですモバQ
ここ最近のボクchanのテーマでもありますから、マジでテンション鰻登りっす(爆)

IMG_2839.JPG

ま、おふざけは良しとしまして、とにかくここはスケールが違う。
自家源泉5か所、内3か所が自噴泉ってのがびっくり。
こんなとこ、なかなか無いですよ・・・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_2842.JPG

そして、もちろん源泉100%かけ流し。
色や味は特になく、性状も癖は無い目
だが、なんだかわからないけれど、湯上りのポカポカ感は只モンでは無かったですね!!

露天風呂も堪能。
気持ちいい、気持ち良すぎでしょう!!!

IMG_2843.JPG

IMG_2847.JPG

IMG_2849.JPG


*****************************************


このあと、お天気はあいにくの曇り時々雨ながらも温泉街をそぞろ歩き。
旅館で借りた下駄が、雨で濡れて冷たい雨
しかし、それもまたオツってもん。

IMG_2859.JPG

IMG_2862.JPG

IMG_2870.JPG

山陰の中でも最も情緒があり、時間がゆったりと流れていると評される三朝温泉。
川沿いに続く土産物屋や夜のお店などを散策しながら見て回るのも楽しいムード
途中また雨が降ってきたけど、いいよね、また温泉に入れば・・・・・・・

そう、ここは世界一のラジウム泉なんだから!!!!!!!!

IMG_2877.JPG

IMG_2878.JPG

IMG_2880.JPG


*****************************************


浴衣姿でしっとりと雨に中を散歩ブティック
やっぱり濡れてしまったが、またこれから温泉に突入すればよい。
こういうのが、最高のぜいたく。

ということで、今度はもう一つのお風呂をご紹介。
男湯と女湯が、夜の9時半だっけな?交替になるんです。
じつはコレから載せる方がおすすめのお風呂なんですカメラ

IMG_2943.JPG

IMG_2944.JPG

名物「巌窟の湯」掛け流し自噴泉。
元々、三徳川に温泉が湧き出ていたものを、そのまま湯船に使用した、
深い所もあれば浅い所もある、まさに川そのもの!!
岩の真下からポコポコと自噴泉する様は、見事の一言っすわーい(嬉しい顔)

ラジウムは放射線のことで、放射線はガスが命なので、鮮度が重要になります。
それをここでは湧きたての状態で触れることができるんです!!
これぞ最高のラドン湯なんです!!!!!

IMG_2945.JPG

「巌窟の湯」は3つの湯船からそれぞれ温泉が自然噴出し、下の湯・中の湯はラジウム泉、
上の湯は三朝温泉ではこの宿だけが持つトリウム泉となっていますグッド(上向き矢印)
そのトリウム泉は昭和23年に世界一の濃度と言う称号を得ているんだそう。

IMG_2954.JPG

IMG_2956.JPG

岩に囲まれての天然ラジウム&トリウム。
そしてひとつひとつがそれほど広くはない湯船霧
だが、深い。
非常に個性的で印象深いお風呂でした。

IMG_2937.JPG

三朝温泉・旅館大橋、とってもいい宿でした。
ここら山陰に立ち寄る機会のある方には是非ともおすすめです。
名古屋からは距離があるので、そう簡単にはいけませんが、また再訪したいですね飛行機

鳥取という土地は京都の文化を色濃く残す土地です。
その影響からか、佇まいや流儀に、正統派和風旅館の宿文化が、
脈々と伝えられているんだなという事がわかるプレゼント
そんな処でした。


◆三朝温泉:http://www.spa-misasa.jp/
◆旅館大橋:http://www.o-hashi.net/



↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 





posted by ビーチ at 22:36| Comment(1) | TrackBack(0) |    中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
beach様こんにちは。ラドン温泉ですか、愚生の脳出血の後遺症にも効きますか? もしも先立つ物があれば今直ぐにでもラドン温泉に入りたい!
Posted by 名無しのグルメ好き at 2014年08月09日 14:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック