2010年05月09日

旅館・蓬莱の食事

伊豆山温泉の旅館 「蓬莱」 の食事の紹介です。
蓬莱では、その類稀なるロケーションや数寄屋造り建物の素晴らしさ、
宿の歴史や格式、女将をはじめとするスタッフのきめ細かい心遣いなどが評価されていますが、
その “食通を唸らせる” という料理も高い評価を受けていますレストラン

旬の魚介をふんだんに使ったお料理、堪能してきましたバー
以下、夕食〜朝食の順で写真をアップします。


****************************************


〜夕食〜

blog 052.jpg
鶯色のお膳敷き、お品書きは女将が一枚一枚手書きでしつらえたもの。

blog 053.jpg
粽(ちまき)寿司・平目の昆布〆
姫さざえ、矢羽蓮根
ふき味噌

blog 054.jpg
ひすい豆腐

blog 055.jpg
稚鮎田楽

blog 059.jpg
あいなめ葛打ち、菖蒲うど

blog 060.jpg
初鰹・土佐造り
地魚(ひらまさ、赤貝、墨烏賊)

blog 063.jpg
丸茄子・姿焼き

blog 066.jpg
蓬莱もち

blog 067.jpg
伊勢海老、石川芋、ふき、

blog 069.jpg
海老真薯・空豆包み

blog 070.jpg
芽芋、湯葉

blog 072.jpg
白飯、貝汁、お新香

blog 073.jpg
餡子・クレープ包み
メロン、有機蜜柑


素材を味わうシンプルな一品一品。
その特徴を生かしきることで、到達不可能な範囲まで料理の格を昇華させている。
相模湾産の新鮮な魚介の数々はこの上なく美味しい。
端正な盛り付けと選び抜かれた器は、箸をつけるのもためらってしまう程美しいぴかぴか(新しい)
そのあしらいには季節感も溢れ、見ているだけで爽やかな気持ちにさせてくれる。

格別な料理をいただきました。


****************************************


〜朝食〜

blog 091.jpg
新茶と南光梅

blog 093.jpg
鯵の干物を中心としたシンプルな献立


「蓬莱の朝食」 はこれまた評判で、名物の鯵の干物は絶品。
この朝食を目当てに訪れる客もいる程なんだとか。
なるほど、これは美味しい。
新緑の合間から覗く、陽が昇る間の海と空の移ろう色合い、
そして絶えず聴こえる波風の音、小鳥のさえずりクリスマス
この最高の空間で、最高の朝食をいただく。
これぞ至福のとき。


茶の作法の侘び寂びや引き算の世界観で、無駄なものが何もない美しさを魅せる宿。
最近では緊張する場面すら減りつつある時代時計
こちら蓬莱では、背筋をきちんと伸ばしていなければ恥ずかしくなるような緊張感を与えてくれる。
そんな中で頂くお料理の数々は心に響くものがありました。
ご馳走様でした。


◆伊豆山温泉・蓬莱:http://www.izusan-horai.com/




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 


posted by ビーチ at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) |    東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はお疲れ様でした。越前そばは太麺で、初心者はとろろを入れて大根の辛味をまろやかにして食べるみたいですw
岡山県の寿司屋は「ひさ田」という店でコースメニュー1種類で完全予約制です。でも、お寿司は追加注文可能す。モッツァレラチーズの漬けとか独創的な寿司を出すみたいです。あと、予約時に手打ちそばもオーダーできるみたいですよ。
6月のヌーベルシノアの店の件ですが、6月の私が空いている日曜日は20日と27日で、6日は夜でしたらOKです。
Posted by 下がり藤 at 2010年05月17日 11:23
下がり藤さんコメントありがとうございます。

きのうはお疲れ様でした。
昨日はビストロで食べなおししましたが、是非とも次回は越前そばそのものでリベンジしたいですね(笑)

「ひさ田」、とても興味深いです。
今後の倶楽部の予定に入れておきますw

現代中華、日程決まりましたらまた連絡いたします。
Posted by ビーチ at 2010年05月17日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック