2010年01月12日

パラオの旅 〜無人島編〜

パラオは西カリン諸島に属するミクロネシアの珊瑚礁に囲まれ、
島全体が硬い石灰でできている小さな島国リゾート

海洋性熱帯気候(高温多湿)で一年中とても温暖晴れ
透明度の高い海に太陽光が降りそそぎ、空に浮かぶ雲さえもエメラルドグリーン色に見える・・・・

そんな、楽園パラオの魅力が最も凝縮したところ。
“ロックアイランド”に行ってきました霧

IMG_7970.JPG

日付は、年が変わったばかりの1月1日。
今年の始まりとしては文句なしのシチュエーションでした位置情報

IMG_7973.JPG

宿泊したパラオパシフィックリゾートから、数グループで船に乗り合いつつ、
大小200ほどの岩島が点在するエリア・ロックアイランドを目指す船
幸運なことに、、、この日もカンカン照りの晴天!!

外海に出てくるにつれて、いよいよ本格的なエメラルドグリーンに変わっていく。
息をのむほどにきれいな海でしたもうやだ〜(悲しい顔)
見てください!!!!!!!!!!!!!!!!
この色次項有

IMG_8010.JPG IMG_8014.JPG

透明度は20〜30mは余裕であるといわれる程のクリア感牡牛座
最初は穴場的シュノーケリングポイントを巡りつつ、この素晴らしい海を堪能する。
数箇所を攻めた後は、休憩&ランチをとるために無人島へ上陸レストラン

IMG_8041.JPG

“ガルメアウス島”というこの島、本当に美しかったぴかぴか(新しい)
もう言葉で説明するに及ばないこの光景眼鏡
見渡す限りの青・青・青・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_8066.JPG IMG_8067.JPG IMG_8083.JPG

純粋なエメラルド色の海に囲まれた真っ白な砂浜でゴロンと寝転がること1時間ほど。
最高に気持ちがよかったです揺れるハート
健康な身体でこうしてかけがえのない自然美を体験できることにただ感謝でした!!
またひとつ、忘れることのできない素晴らしい思い出ができましたプレゼント

IMG_8098.JPG

そして、ひとしきりブレイクした後は、おまっとさんでした!!!
・・・・・・のカヤックiモード(枠付き)
先ほどの休憩ポイントからはまた10分ほど移動したんですが、こちらもまたヤバい!!!
小さな島々に囲まれていて、ロックアイランドの中では比較的閉じている場所。
その特有の地形がトロピカルフィッシュや野鳥の棲みかになっているんだというのですクリスマス

IMG_8089.JPG IMG_8102.JPG

さらに入り組んだロックアイランドの一角にとても静かなポイントが出現します射手座
海の色が突然、乳白色に変わる!!!
ここが“ミルキーウェイ”です。
海水に侵食された珊瑚のカケラが海中でプランクトンに分解され、
その石灰質の粒子が潮の流れによりこの入り江に体積。
その沈殿した石灰質の粒子が更に太陽光に熱せられ発酵し、
美肌によいとされる真っ白い泥にリボン

IMG_8123.JPG

・・・・・・・こうして、ロックアイランドを遊び尽くして、ホテルへ帰還。
ヘトヘトになりながらも充実した心地の良い疲労感といった感じ。
気持ちの良いもんですわーい(嬉しい顔)

夕食のときも思い出すだけで、ニンマリグッド(上向き矢印)
サンセットに照らされながらマッタリるんるん
最高!!

IMG_8435.JPG IMG_8461.JPG

パラオ、いいところだったな〜ムード
また来まーす!!!!!


◆パラオ:http://www.palau.or.jp/
◆ロックアイランド:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89




↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 















posted by ビーチ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) |    国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック