2014年05月15日

中区大井町 Reconnaissance 【フランス料理】

2013年3月東別院の新しいビル・ヴィークタワー名古屋東別院の1階に開店。
め〜テレの大津通挟んで対面になります。
外観は夏にはオープンになろうかという大ぶりのガラス窓が真っ先に目に飛び込む。
名古屋にはまだまだ少ない、パリでよく見るテラス風の構造。
シンプルでセンスの良さを感じます。

IMG_2309.JPG

IMG_2311.JPG

IMG_2312.JPG

IMG_2314.JPG

IMG_2316.JPG

IMG_2317.JPG

IMG_2319.JPG

IMG_2321.JPG

IMG_2322.JPG

IMG_2323.JPG

IMG_2327.JPG

IMG_2329.JPG IMG_2330.JPG

IMG_2331.JPG

IMG_2332.JPG





●Reconnaissance(ルコネッサンス)●
愛知県名古屋市中区大井町1-24 ヴィークタワー名古屋東別院1F
052-339-5678 日曜日・第1月曜日休み 11:30〜14:00 18:00〜21:30
http://www.reconnaissance-nagoya.com/



↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 
posted by ビーチ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) |    名古屋市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

京都府京都市東山区祇園町南側 祇園丸山 【日本料理】

祇園町に佇む数寄屋造りの一軒家。
街中の喧騒を逃れ心ゆくまで京都を堪能できる空間。
京都の中でも殊のほか季節のうつろいを感じる事の出来る場所・祇園にて、
主人丸山嘉桜が1988年(昭和63年)に祇園丸山を開店。
以来瞬く間に、京料理を語る上で避けて通ることのできない砦となる。

祇園丸山

IMG_2080.JPG

IMG_2083.JPG

主人丸山嘉桜の経歴は輝かしい。

1967年裏千家名誉師範・西脇宗妁に師事『高台寺土井』で修業に入り、
先代女将・土井貞枝さんに「衣・食・住」の原点について薫陶を受ける。
その後、76年木屋町『菊乃井』(現在露庵菊乃井)の料理長就任。
83年高台寺『和久傳』を開店、料理長就任。
そして、88年こちら『祇園丸山』の開店となる。
98年には二号店となる『建仁寺祇園丸山』を開店している。

まさに王道を行く日本料理人なのである。

IMG_2084.JPG

IMG_2090.JPG

IMG_2087.JPG

IMG_2088.JPG

IMG_2089.JPG

________________________________________

京料理とは、五感すべてに訴える総合芸術。

京都ならではの旬の食材を使用する事はもとより、
素材の味わいをもっとも大切に、五感(リズム・光・音・香・味)を通じて表現するんだとか。
客の席の目的に応じて料理をご提供できるよう、
日本古来よりの『け』と『はれ』、また四季を通じての節会の考え方を、
大切に伝承しながら進化し続ける京料理・京懐石を堪能できる。

四季を通じて、春は筍・子持ち諸子、夏は鱧・鮎、秋は子持ち鮎・松茸、冬は松葉蟹・河豚、、
などを席で炭火で焼かせるおまかせの料理は大変にお勧め。
今回はいかにも春らしいメニューを頂いた。

IMG_2093.JPG IMG_2094.JPG IMG_2095.JPG IMG_2096.JPG

________________________________________

IMG_2097.JPG

________________________________________

IMG_2099.JPG IMG_2100.JPG

________________________________________

IMG_2102.JPG IMG_2104.JPG

________________________________________

IMG_2105.JPG IMG_2108.JPG

________________________________________

IMG_2109.JPG IMG_2110.JPG

________________________________________

IMG_2111.JPG IMG_2112.JPG 

________________________________________

IMG_2113.JPG IMG_2115.JPG IMG_2117.JPG IMG_2118.JPG

________________________________________

IMG_2119.JPG IMG_2121.JPG IMG_2124.JPG IMG_2125.JPG

________________________________________

IMG_2126.JPG IMG_2127.JPG IMG_2128.JPG

________________________________________

IMG_2129.JPG

________________________________________

IMG_2082.JPG

京都千二百年の都で日本の四季を彩る食空間。
季節のうつろいを五感を通して感じ、料理はもちろん細部にまでもてなしの心で表現される。
きめ細やかなサービスは精緻を極め、至福のひと時を堪能できる。
安心して身を任せることができる処。

祇園ならではのお席でのおもむきとして芸妓さん舞妓さんのお手配もできる。
姉妹店建仁寺祇園丸山でも同様のサービスを有する。
海外からのゲストや大切なお客さんをおもてなすにも最適であろう。
日本人としての誇りを一寸の迷いもなく感ぜられる数少ない店の一つである。



●祇園 丸山●
京都府京都市東山区祇園町南側570-171
075-525-0009 水曜休 11:00〜13:30(L.O) 17:00〜19:30(L.O)
http://www.gionmaruyama.com




祇園 丸山京料理 / 祇園四条駅河原町駅三条京阪駅








↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 



posted by ビーチ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) |    京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

東京都港区新橋 活力魚金 【魚介料理・居酒屋・立ち飲み】

新橋といえばサラリーマンの聖地。
その神聖なる新橋の歓楽街を席巻するといっても過言ではない。
ひとたび通りを歩いてみるといくつもの一際盛況の居酒屋が、
あっという間に短い間隔で目に飛び込んでくる。
それこそが新橋だけで実に9店舗も展開する魚介専門居酒屋、
魚金グループなのである。

活力魚金

活力魚金.JPG

1995年1月、新橋駅烏森口そばに居酒屋魚金は誕生。
約30坪のごく普通の魚介居酒屋、今ある魚金グループの原点である。

毎日毎日、朝早くから築地市場に仕入れに通いネタを充実させる。
そして、他店では真似のできないほど、豪快な盛りつけでの提供を心掛ける。
魚金の代名詞でもある「刺身の6点盛り」はその象徴だが、
新鮮で美味しいものをリーズナブルに思う存分召し上がっていただく、
それが“魚金”の真髄なのである。

活力魚金 (2).JPG 活力魚金 (3).JPG

その魚金グループの中でも特にコアな形態をとる店舗。
これが活力魚金。
立ち飲み屋スタイルで、気軽に手軽にそしてDeepに楽しめる。
安くて美味い魚で一杯やれる。
仕事帰りに、愛妻の手料理の前に、一軒、、、
まさにうってつけの店である。

活力魚金 (4).JPG
トリビー・プレモル♪

活力魚金 (7).JPG
貝もり3点(兵庫県産生牡蠣・北海道産ホッキ貝・愛知県産平貝) 

活力魚金 (6).JPG
すだちサワー♪

活力魚金 (9).JPG
平目薄造り

活力魚金 (5).JPG
スルメイカで作った塩辛

活力魚金 (8).JPG
チリ産テラマターシャルドネ♪

活力魚金 (12).JPG 活力魚金 (13).JPG

特別なグランメゾンや、予約の取れない鮨屋でもない。
大衆的な敷居の低い気楽な店である。
だがそこには、東京を感じる何かが紛れもなく存在し、
“帰り際にお付き合いの一杯”の文化は、
日本が誇るサラリーマン文化の核であることも事実。
それを含めお隣の築地から仕入れる庶民の味を堪能するのもまた格別なのだ。

また東京に仕事で行く機会があって時間がないときなんかには、
フラッと寄りたいですね。


●活力魚金●
東京都港区新橋3-18-5 難波ビル 1F
03-3432-0745 無休
月〜金  17:00〜23:30
土    16:30〜23:30
日    16:30〜23:00
http://uokingroup.jp/



活力魚金魚介・海鮮料理 / 新橋駅汐留駅内幸町駅





↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 
posted by ビーチ at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) |    東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

千種区丘上町 シェ小杉 【フランス料理】

奇抜で独創的な料理。
覚王山という誰もが認める閑静な高級住宅街、
古くからあるマンションの一階にひっそりと構える小さなお店。
そこはご夫婦お二人だけで営む拘りに満ちた空間。
まるで宝箱から一つ一つ大切に出される宝石のような皿の数々なのだ。

シェ小杉

IMG_2111.JPG

IMG_2123.JPG

IMG_2113.JPG

IMG_2115.JPG
自家製ジンジャーエール

以前はシェポーシェという店名で展開していたが数年前に改名。
経営から調理、給仕、サーヴィス、すべて二人だけで営む小杉。
シェフは非常に真面目で拘りが強く、カトラリー選びやメニューの創造には類稀なる個性を発揮。
拘りはともするとネガティブに働くこともあるが、全てを武器に変える力を持つ。
沖縄出身の美人マダムは丁寧で心温まる接客が魅力的である。
学生の頃、シェフの料理にほれ込みご結婚されたそうです。
年齢差16歳とか・・・
絵になるフレンチスタイルである。


コース料理 〜幸福の扉〜

IMG_2116.JPG IMG_2119.JPG IMG_2118.JPG
《はじまりは海》
左:イカ墨のサブレとフレンチキャビア、ベニエルージュ
右:オマール海老のコンソメジュレ、キャビア添え、ある海の香り

IMG_2121.JPG
《季節のうつろい》
アスペルジュヴェールと馬鹿貝、セルリラブと茶豆のグラス

IMG_2124.JPG IMG_2125.JPG IMG_2126.JPG
《大地》
右:山菜のパンケーキ
左:野生茸のロワイヤル

IMG_2127.JPG
パン

IMG_2131.JPG IMG_2130.JPG IMG_2133.JPG
《芳香》
左:ビスキュイ・ド・トリュフ
右:ウフ・モレ・71℃

IMG_2135.JPG IMG_2137.JPG
《純血》
サラブレッド(馬肉)と鮑とタルタル、トリュフ〆

IMG_2139.JPG
《息吹き》
井深農園のサラダ・ド・リ

IMG_2140.JPG IMG_2143.JPG
《海ふたたび》
真鯛のポワレとポワローのコンディマン

IMG_2144.JPG IMG_2145.JPG
《スペシャリティ》
ベキャス(山鷸)、脳味噌、心臓、アキレス腱etc...

IMG_2147.JPG
お口直しのフルーツのシャーベット

IMG_2154.JPG IMG_2152.JPG
デセール

IMG_2153.JPG
小菓子


名古屋で唯一無二なオリジナルスタイルのコンテンポラリーフレンチ。
どれを食べても新たな発見があり、新鮮な息吹きを感じられるはず。
定番的なフランス料理やグランメゾンスタイルに飽きつつあるやや上級者にお勧めです。
きっとシェフの強い拘りとマダムの透明感ある爽やかな接客が貴方に伝わるでしょう。
そして、お二人の仲睦まじい姿も忘れらないインパクトを与えるでしょう!



●シェ小杉●
愛知県名古屋市千種区丘上町2-34-4 ハイネスヴィレッジ103
052-784-6084 月曜・火曜昼休み 
11:30〜14:00 18:00〜23:00(L.O.21:00)
http://chez-kosugi.petit.cc/



フランス料理シェ小杉フレンチ / 覚王山駅池下駅







↓↓↓↓クリックして頂けるとウレシイです↓↓↓↓
人気ブログランキングへ バナーdayo.gif 

posted by ビーチ at 02:19| Comment(1) | TrackBack(0) |    名古屋市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする